Tag: 邦楽

BMSG所属のedhiii boi, RUI, TAIKIによる EP 『15th Dream』 、7月1日(金)リリース!ティザー映像も公開!

2022年1月にSKY-HI主宰のマネジメント/レーベル”BMSG”よりシングル「NO」でデビューを飾ったラッパーのedhiii boi(エディボーイ)、オーディションTHE FIRSTに中学1年生で参加し、オーディション最中に異例の練習生契約を結んだシンガーのRUI(ルイ)、そしてオーディション後、SKY-HIやedhiii boiへの客演参加を経て、2022年にBMSGトレイニーとしての契約がスタートしたラッパーのTAIKI(タイキ)。2021年10月にリリースされたSKY-HIのアルバム『八面六臂』収録の「14th Syndrome」で共演した、当時14歳の3人がさらにパワーアップし再集結。全員が15歳になるタイミングで、未完成な夢が詰まったコラボレーションEP『15th Dream』を7月1日(金)にリリースする。 EPは3人名義の楽曲が2曲、それぞれソロ楽曲を1曲ずつ、計5曲が収録される。 3人名義の楽曲は、tofubeatsのディスコティックなトラックに、”夏休み”をテーマに3人が三者三様のスタイルでラップと歌を書き下ろした、ポジティヴなヴァイブスに満ち溢れたサマーチューン「Anytime, Anywhere」 と、DATSのヴォーカル/ソングライターであり、トラックメイカーとしても活躍するMONJOEをプロデューサーに迎え、”悪夢”をテーマに制作したアグレッシヴなダンスチューン「Nightmare」。 それぞれのソロ曲は、ネオンジェネシスせきちゃんのポップなトラックに合わせ、edhiii boi自身が過去に抱いた恋心をストレートに描き上げたラブソング「kawaii」。北海道札幌市出身のビートメイカー/プロデューサーPARKGOLFのメロウなトラックに、自身が抱える未来への希望や不安を等身大のリリックで綴った、伸びやかな唄声が響き渡るRUI初のソロ楽曲「Diamond」。新進気鋭のトラックメイカーAnan Kaminakaのエモーショナルなトラックに合わせ、TAIKI自身の未来に向ける思いを真っ直ぐな言葉で描き上げ、進化したフロウでデリヴァリーする楽曲「On The Way」と、規格外な3人の才能が遺憾無く発揮された内容となっている。 本日6月27日(月)よりEP『15th Dream』のティザー映像も公開された。リリースに向けて期待感が高まる謎めいた映像をぜひチェックしてみて欲しい。 edhiii boi, RUI, TAIKI EP 『15th Dream』 Teaser Movie 3人はこの夏、7月2日(土)からスタートするSKY-HIのツアー『SKY-HI HALL TOUR 2022 ー超・八面六臂⁻』のオープニングアクトとして参加。また9月17日(土)18日(日)にはBMSG FES ’22にも出演する。EP『15th Dream』をライブで体感できるチャンスを見逃さないように。 【ニューリリース情報】 edhiii boi, RUI, TAIKI EP 『15th Dream』 2022年7月1日(金)配信 レーベル:BMSG ディストリビューション:Virgin Music Label and Artist Services 01. Nightmare (Prod. MONJOE) /… もっと読む »

【WONK】ニューアルバム『artless』より初の日本語詞の楽曲「Umbrella」MV、6/24(金)22:00よりプレミア公開決定。

Photographer : Kohei Watanabe ( UN.inc ) WONKが、2年ぶりのアルバム『artless』を5月11日(水)にリリース。初の日本語詞曲となる「Umbrella」のMusic Videoを本日22:00にWONKオフィシャルYouTubeにてプレミア公開する。 エクスぺリメンタル・ソウルバンドとして実験的な楽曲群を生み出してきたWONKが、純粋な楽器の鳴りにフォーカスし、日々の生活を写実的に描写したアルバム『artless』。その中でも「Umbrella」は、「傘」をモチーフに視点や地点を変えながら、世代や立場、環境の異なる一人ひとりの情景が丁寧に描かれた1曲だ。本日公開の「Umbrella」のOfficial Music Videoは、「FLOWERS」に引き続き、maxillaが制作を担当、雨が窓を打つ印象的なシーンから始まり、様々な登場人物と身の周りの人々との関係性が立体的な生活描写でおさめられている。 長塚健斗は「この曲は、アルバム制作合宿の初日にメンバーから日本語詞という提案をもらい、江﨑の弾くメロディーに呼応して歌詞を綴った1曲です。傘をテーマにしたのは、ある雨の日、駅前にいる人々の様子を見てイメージが湧いたから。自分の立場に近い人にも、遠い人にも、差し伸べる優しさを持っていたいという気持ちを込めました。ライブで歌う機会が増える中で、これまでは聴く人を労ったり、少し悲しみや寂しさを呼び起こす雰囲気もありましたが、会場の皆で明るい未来に向かっていくような、爽やかな感情が増してきている気がします」とコメント。 WONKによる日本語詞は、香取慎吾氏や和田アキ子氏などへの楽曲提供では展開されてきたが、WONKとして歌うのはこれが初めて。今、目の前にいる人に届けるための彼ららしい試みといえる。噛み締めるように大事に歌われた歌詞と、楽曲のラストにかけての展開も、MVとあわせて味わってほしい。 WONK – Umbrella (Official Music Video) 2022年6月24日(金)22:00 よりプレミア公開 「Umbrella」を含む『artless』は、全曲で頭上を含む3次元空間に音を鳴らし、深み溢れるサウンド体験を可能にする音響技術「ドルビーアトモス」を採用。ベーシストでありエンジニアでもある井上幹がミキシングを担当、元々ゲームのサウンドデザイン(VRや3D系)をしていた井上が、その経験を活かす形で自ら実現させている。Apple Music、Amazon Music Unlimitedユーザーは、AirPods Proなどドルビーアトモスのシステム環境下でぜひ体験して欲しい。 ※ドルビーアトモスは、Apple Music、Amazon Music Unlimitedのサブスクリプションの登録者は追加費用なしで、対応している曲をドルビーアトモスによる空間オーディオで聴くことが可能。AirPods ProまたはAirPodsMax、最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカー、Apple TV 4K、Androidデバイスでも楽しむことができる。 現在、全国8都市を巡る「artless Tour 2022」が始まったばかりのWONK。この夏は2年ぶりに各地域を巡るほか、フジロック、ロッキン出演を控えるなど目が離せない。 【RELEASE INFORMATION】 new album 『artless』 2022年5月11日(水) 発売 再生/ダウンロード/CD購入 M1. Introduction #6 artless M2. Cooking M3. Migratory Bird 4/27(水)先行配信楽曲… もっと読む »

【さかいゆう】新作EP『Whale Song EP』本日6月22日(水)リリース!iTunes R&Bチャート1位獲得!本日、故郷の土佐清水よりインスタライブ実施!

シンガーソングライター・さかいゆうの新作『Whale Song EP』が本日6月22日(水)にリリースされ、iTunes R&Bアルバムチャートで1位を獲得した。同チャート1位は6作連続の1位記録となった。 タイトル曲となるM1「Whale Song」は、今年3月で50周年を迎えた酔鯨(すいげい)酒造株式会社が周年を記念して制作した『酔鯨酒造50周年記念ムービー「Enjoy SAKE Life」~世界の食卓に酔鯨を~』のために書き下ろした新曲。高知の黒潮の海を悠々と泳ぐ鯨をモチーフに、かつて坂本龍馬やジョン万次郎(中浜万次郎)ら先人たちが大志を抱いて高知から全国、そして世界へと海を渡っていったように外海へと漕ぎ出すチャレンジスピリットを歌ったスケールの大きな作品。土佐清水にスタジオを構え、録音環境を整えて録音された楽曲で、まさに“100%純土佐清水産”の曲。 この曲をはじめ、インディーズ時代に制作され初・音源化となる「故郷」、2018年4〜5月のNHKみんなのうたとして親しまれた楽曲「父さんの汽笛」、2019年に土佐清水市のジョン万次郎資料館で開催された「ジョン万生誕祭」の為に書き下ろした楽曲「Go Johnney, man」、高知県内のローソンの店内放送やTVCMなどで聞く事ができる「Lalalai ~いごっそうver.~」など、「故郷」「高知県」「土佐」「土佐清水」をテーマにした全5曲が収録されている。 ぜひ、この作品から高知の魅力を存分に感じつつ、それぞれの故郷や風景、家族に思いを馳せてみてほしい。 尚、リリース日となる本日6月22日(水)21:00から、さかいゆう公式Instagramにてインスタライブも行われるとのこと。 故郷・土佐清水に新たに設けたスタジオから、本人が『Whale Song EP』についての思いを語ってくれる。スタジオからの配信と言うことで生演奏も…? さかいゆう公式Instagramはこちらから そんなさかいゆうの故郷・土佐清水で8月6日(土)に開催されるスペシャルライブ「酔鯨酒造 presents さかいゆう sings Whale Song」のチケットが、明日6月23日(木)23:59まで先行受付中。来週7月2日(土)10:00から一般発売もスタートするので、併せてチェックしてほしい。 ■Release Information 『Whale Song EP』 6月22日(水)リリース <収録曲> 1.Whale Song <酔鯨酒造50周年記念ムービーテーマソング> 2.故郷 3.父さんの汽笛 <NHKみんなのうた(2018年4〜5月)> 4.Go Johnney, man <ジョン万次郎資料館への提供楽曲> 5.Lalalai 〜いごっそうver.〜 <ローソン高知CMソング> [デジタル] 各種配信サービスでのダウンロード・ストリーミング 再生・ダウンロード [CD] 今回の“酔鯨 × さかいゆう”コラボレーションを記念して、CDと日本酒を組み合わせた『酔鯨50周年×さかいゆう特別コラボセット』を数量限定販売! CD『Whale Song EP』はこだわりの紙ジャケット仕様。アナログ盤のような作りで、足摺の海に昇る朝陽とテールマークが目を引くジャケットは思わず飾っておきたくなるアイテム。そこに酔鯨がお米作りからこだわって造った「酔鯨 純米吟醸 出間(いずま)」と小さなワイングラスをイメージした清酒グラス「SUIGEI MINI GLASS GOLD… もっと読む »

【Aile The Shota】 EP『IMA』から先行シングル「常懐 feat. 春野」を6月22日(水)リリース。直前のインスタライブに、リリックビデオ公開も!

5月11日(水)にリリースした2ndデジタルシングル「IMA」(イマ)が引き続き好調のAile The Shota(アイルザショウタ)。7月6日(水)にリリースする2nd EP 『IMA』より、先行シングル第2弾となる「常懐 feat. 春野」(トコナツ フィーチャリング ハルノ)を6月22日(水)にリリースする。 「常懐 feat. 春野」は、マルチな才能を発揮するネット発の次世代シンガーソングライター春野をフィーチャリングゲストに迎え、制作された楽曲。新進気鋭のラッパーから、ダンスボーカルグループ、YouTuberにアニメ主題歌までを”maeshimaサウンド”に仕上げ、Z世代から圧倒的な支持を受ける、変幻自在なクロスカルチャープロデューサーmaeshima soshiの、POPでエモーショナルなトラックに合わせ、二人のオリジナリティ溢れるフロウで懐かしい暑さを思い返すように唄う、メロディアスなR&Bに仕上がっている。 リリース直前となる本日6月21日(火)23時40分より、インスタライブがAile The Shotaアカウントより行われる。アーティスト本人とリリースに向けた時間を共有しつつ、楽曲に込めた思いを聞くことができる機会なので、せひ参加してみよう。 Aile The Shota インスタライブ 6月21日(火)23:40〜 Aile The Shota Instagram はこちらから また6月24日(金)22時には、「常懐 feat. 春野」のリリックビデオがAile The Shota YouTube公式チャンネルでプレミア公開される。公開タイミングにはAile The Shotaがチャットに参加予定とのことなので、ぜひアーティストと一緒にリアルタイムで楽しんでみて欲しい。 Aile The Shota / 常懐 feat. 春野(Prod. maeshima sosshi)-Lyric Video- プレミア公開:6月24日(金)22:00より そして先行シングル「IMA」「常懐 feat. 春野」が収録のEP 『IMA』が7月6日(水)にリリースされる。先行シングルの他に、アーティストコレクティブSoulflexから、プロデューサーMori Zentaroと、ヒップホップアーティストMa-Nuを招いて制作した心地良いグルーヴのダンスチューン「so so good feat. Ma-Nu」、ライフスタイルレーベル Chilly… もっと読む »

【OCEANS】元キマグレン・クレイ勇輝を中心とする、FREE&EASYな音楽集合体バンド・OCEANSのファースト・アルバム、8月17日(水)発売決定!この夏の話題独占の予感!

元キマグレン・クレイ勇輝を中心とする、FREE&EASYな音楽集合体バンド、OCEANS(オーシャンズ)のファースト・アルバム!これまでの活動を集大成的にまとめた全14曲は、ジャンルを超越したカラフルなサウンド・コレクティブ・アルバム。 -KureiYuki’s to OCEANS- KureiYuki’s(クレイユーキーズ)が、<OCEANS>に改名し、本格的な始動となるファースト・アルバムを8月17日(水)にリリース! これまでにクレイユーキーズ名義で配信した楽曲13曲に、ヴォーカルにyuiをフィーチャーした未発表の新曲を加えた全14曲収録。 元キマグレン・クレイ勇輝を中心とした、さまざまな才能の有機集合体であるOCEANSの初期の集大成ともいうべき充実の内容。 リラックス感あふれるトラック、リリカルな心地よいフロウ、多彩なヴォーカリストをフィーチャーした楽曲群は、 上質でオーガニックでオーディナリーでカラフルなポップスを奏でている。 初の配信シングル「世界から音が消えた日」は、500万再生を超えるストリーミング・ヒットを記録している。 参加ヴォーカリスト:DAZBEE、yui、伊原六花、鈴木愛理、THE CHARM PARK/山田健人[ラニーノーズ]、武田玲奈、斎藤アリーナ、上野優華、桜井日奈子 さまざまなゲストを迎えた、7か所10本に及ぶ初の全国コンサート・ツアーも発表されており、この夏の大きな話題となること必至のOCEANSから目が離せない。 ※アルバム『OCEANS with love』収録曲 1 世界から音が消えた日 with DAZBEE 2 道 with yui 3 RUNWAY with 伊原六花 4 この手。with 鈴木愛理 5 サヨナラ SAY GOODBYE with yui 6 EKABO with DAZBEE 7 RADIO with THE CHARM PARK/山田健人[ラニーノーズ] 8 LOOKING FOR THE RAINBOW with 武田玲奈… もっと読む »

【Aile The Shota】シングル「IMA」のライブパフォーマンス映像公開!

5月11日(水)にリリースした2ndデジタルシングル「IMA」(イマ)が引き続き好調のAile The Shota(アイルザショウタ)。5月27日(金)に公開された「IMA」のミュージックビデオは、重厚感と疾走感、スペイシーかつ80’s的な要素も取り入れた楽曲の世界観を見事に表現しており、音楽専門チャンネルではMTV Japanに続き、MUSIC ON! TVがオススメする「M-ON! Recommend」にも決定。楽曲と合わせて、映像もヘヴィローテーションで目と耳を楽しませてくれている中、「IMA」のライブ映像がAile The ShotaのYouTube公式チャンネルで公開された。映像は2022年4月7日(木)、豊洲PITで行われたBMSG Solo Artist Showcaseに出演した際のものだ。SKY-HI、Novel Core、Aile The Shotaがシームレスなステージを繰り広げる中、Aile The Shota自身のパートで、1st EP『AINNOCENCE』の楽曲と共に、タイトルすら明かされていなかった新曲「IMA」を初披露。突然のパフォーマンスに、最初はじっくり聞いていたオーディエンスも、次第に体を揺らしはじめ、最後は大きな拍手が会場を包んでいた。 Aile The Shota / IMA – from “BMSG Solo Artist Showcase” (2022.04.07) そんな「IMA」が収録された7月6日(水)リリースのEP 『IMA』は、アーティストコレクティブSoulflexから、プロデューサーMori Zentaroと、ヒップホップアーティストMa-Nuを招いて制作した心地良いグルーヴのダンスチューン「so so good feat. Ma-Nu」、次世代シンガーソングライター春野をフィーチャリングに迎え、Z世代から大きな支持を得るmaeshima soshiプロデュースで制作したノスタルジックでメロディアスなR&Bナンバー「常懐 feat. 春野」、ライフスタイルレーベル Chilly Sourceのビートメイカー、illmoreのLo-fiトラック×Aile The Shotaの浮遊感漂うフロウで包み込む「夢宙」の4曲を収録。 配信と合わせて、CDはタワーレコード、Aile The Shota fanclub、BMSG運営ファンコミュニティ「B-Town」にて限定発売される。限定商品となるので予約を忘れずに。 【リリース情報】 Aile The Shota 2nd EP 『IMA』… もっと読む »

時代を吟遊する表現者・okkaaaのニュー・シングル「ホットワイン」、本日6月15日(水)配信スタート、MVも公開。梅雨の季節にぴったりのサッド&メロウなオルタナティブ・ポップ。

時代を吟遊する表現者としてマルチに活動するokkaaa(オッカー)。 今年1月26日に初のフル・アルバム『Voyage』をリリースし、幅広いリスナーから高い評価を受けた。 その後4月13日に発表した前作シングル「surfing love」では、クリエイターmaigoishiとのコラボレーションで<アシッド・チル>を掲げて話題となったが、それに続くシングルとして、このたび本日6/15(水)にニュー・シングル「ホットワイン」が配信リリースとなった。 今ならではのリモート時代の刹那な孤独感を、雨をモチーフにオルタナティブ・ポップへと昇華し、梅雨の季節にぴったりのチルでサッド&メロウなトラックが完成した。 また本日、「ホットワイン」のオーディオビジュアルが公開された。 以下、okkaaaからオーディオビジュアルについてのコメントが到着している。 今回のビデオでは楽曲特有の没入感をどう表現していくかという部分が課題でした。 ワインの中に浸っているようなアーティスト写真から着想を得て、あえて展開の少ないビデオに仕上げました。 ぜひ没入して「ホットワイン」の世界観に浸ってください。 (okkaaa) 続々と新しいテーマやアイディアを形にしていくokkaaaのクリエイティヴから、ますます目が離せない。 【Release Information】 okkaaa ニュー・シングル「ホットワイン」 2022年6月15日(水)配信 Lyrics by okkaaa Music by okkaaa, 8ROKEBOY produced by okkaaa, 8ROKEBOY Recording, Mixing & Mastering engineer: okkaaa Label: Virgin Music Label and Artist Services 再生・購入 【メディア掲載情報】 ・雑誌『装苑』 2022年 7月号 (5/27発売) 「装苑男子 of each world 2022」特集に インタビュー掲載 【okkaaa】 1999年生まれ、アーティスト、文筆家。ミュージシャンを軸にさまざまなクリエイターとしての側面を持つセルフプロデュースアーティスト。ライターとして、AWA公式ライターを担当。心地よく響くウィスパー・ボイスと歌詞が特徴で、ヒップ・ホップ、R&B、ゴスペルなど様々なジャンルの要素を感じることができる。楽曲制作もさることながら、ミュージック・ビデオの制作、楽曲のジャケットやwebサイトなども全てセルフ・プロデュース。… もっと読む »

【naomi paris tokyo】EP『22SS』本日(6月15日)配信リリース。EPの収録曲「FF」のミュージックビデオも公開。

中性的で柔らかな声、繊細且つ洗練されたメロディアスなサウンドアーティスト”naomi paris tokyo”。第3弾となるEP『22SS』が本日6月15日(水)リリースされた。 喪失さや生き難さに絶望した人を解放する、心の光を描き出す鮮烈な歌心とドラマチックなアレンジが際立つ5曲入りのEPとなっている。ジャケットはsoh souenの作品を使用している。 また、EP『22SS』のリリースに合わせて、勁烈(けいれつ)と柔らかさが印象的な楽曲「FF」のミュージックビデオも公開された。 naomi paris tokyo – FF (Official Music Video) 【RELEASE INFORMATION】 New EP 『22SS』 2020年6月15日(水)発売 再生・購入 <Track> 01.Sad Vacation 02.Mother 03.Soil *先⾏SG 04.FF 05.Soap distributed by Virgin Music Label and Artist Services ◆Profile naomi paris tokyo jan and naomiのnaomiのソロ名義。中性的で柔らかな声、繊細且つ洗練されたメロディアスなサウンドアーティスト。2020年12⽉より定期的に楽曲を発表しており、これまでに『21SS』『21FW』をリリース。2022年5月、長野で開催された野外音楽イベント「FFKT 2022」に出演。6⽉に『22SS』をリリース。 ◆Link Instagram Twitter

【さかいゆう】新作EPより表題曲「Whale Song」本日先行配信スタート!オール土佐清水ロケのMVも公開!6/19(日)放送「関ジャム 完全燃SHOW」出演決定!

シンガーソングライター・さかいゆうの新作『Whale Song EP』[6月22日(水)リリース]より、表題曲「Whale Song」が本日6月15日(水)に先行配信スタート。併せて「Whale Song」のミュージックビデオフルバージョンがさかいゆう公式YouTubeチャンネルで公開された。 「Whale Song」はさかいゆうの出身地・高知県の酒造会社「酔鯨酒造」の50周年記念ムービーのために書き下ろされた一曲。高知の黒潮の海を悠々と泳ぐ鯨をモチーフに、かつて坂本龍馬やジョン万次郎(中浜万次郎)ら先人たちが大志を抱いて高知から全国、そして世界へと海を渡っていったように、外海へと漕ぎ出すチャレンジスピリットを歌ったスケールの大きな楽曲。 すでに公開されている酔鯨酒造50周年記念ムービーやミュージックビデオのティザー映像で楽曲を聴いたリスナーたちからは「大海原が見えるよう」「歌声に癒される」「高知に行ってみたくなった」といったコメントの数々が寄せられている。 そして全編、さかいの故郷・高知県土佐清水市で撮影されたミュージックビデオには鯨が暮らす海を眼下に望む随一の景勝地・足摺岬、緑豊かな椿のトンネル、定置網漁の水揚げを行っている朝の窪津漁港、パノラマオーシャンビューのテラスを持つイタリアンレストランAzzurissimoを擁した四国屈指のリゾートホテルTheMana Villageなど、土佐清水のいたる所でさかいゆうが歌い奏でるシーンが収められた。静と動、陰と陽、和と洋、土佐清水が持つ多様な表情がコントラスト豊かに表現されているのもみどころのひとつだ。 さかいゆう「Whale Song」Music Video この曲を含む全5曲を収録した『Whale Song EP』はいよいよ来週6月22日(水)リリース。土佐清水の方言や実在する浜が登場する楽曲、カツオ漁師の父とのエピソードを歌った楽曲、土佐清水出身の偉人に捧げた楽曲、高知県内で放映中のCM楽曲など、高知にまつわる曲ばかりを集めた故郷への思いがぎっしり詰まった一枚。ぜひ、この作品から高知の魅力を存分に感じつつ、それぞれの故郷や風景、家族に思いを馳せてみてほしい。 ■Release Information シングル「Whale Song」 6月15日(水)配信 再生・ダウンロード 『Whale Song EP』 6月22日(水)リリース <収録曲> 1.Whale Song <酔鯨酒造50周年記念ムービーテーマソング> 2.故郷 3.父さんの汽笛 <NHKみんなのうた(2018年4〜5月)> 4.Go Johnney, man <ジョン万次郎資料館への提供楽曲> 5.Lalalai 〜いごっそうver.〜 <ローソン高知CMソング> [デジタル] 各種配信サービスでのダウンロード・ストリーミング [CD] 今回の“酔鯨 × さかいゆう”コラボレーションを記念して、CDと日本酒を組み合わせた『酔鯨50周年×さかいゆう特別コラボセット』を数量限定販売! CD『Whale Song EP』はこだわりの紙ジャケット仕様。アナログ盤のような作りで、足摺の海に昇る朝陽とテールマークが目を引くジャケットは思わず飾っておきたくなるアイテム。そこに酔鯨がお米作りからこだわって造った「酔鯨 純米吟醸 出間(いずま)」と小さなワイングラスをイメージした清酒グラス「SUIGEI MINI GLASS GOLD TAIL」が揃った、まさに音楽とお酒を五感でたっぷりと堪能できるコラボならではのスペシャルセット。 現在、酔鯨公式オンラインショップにて予約受付中だが、好評につき、出荷初日の発送分はすでに完売! 6月16日(木)申し込み分までは6月21日発送が可能。確保数に達し次第、販売終了となるので、ぜひ急いでチェックしてほしい。 酔鯨50周年×さかいゆう特別コラボセット《数量限定》 <セット内容> ・CD『Whale… もっと読む »

【edhiii boi】6月12日(日)スタジアムで初パフォーマンス!そして3rdシングル「Forever Friend」のTomodachi ver.映像公開!

2022年1月にSKY-HI主宰のマネジメント/レーベル”BMSG”よりシングル「NO」でデビューを飾ったラッパーのedhiii boi(エディボーイ)が、6月12日(日)千葉ロッテマリーンズと横浜DeNAベイスターズの交流戦最終日となったZOZOマリンスタジアムに登場、「GRAB THE WIN」を初披露した。 ZOZOマリンスタジアムで開催されたセ・パ交流戦では、試合前に、ロッテオリオンズ時代のマスコット「バブル坊や」の現代版「BUBBLE BOY(バブル・ボーイ)」が、交流戦の応援歌「GRAB THE WIN」をスクリーンで披露してきた。「ボーイ」繋がりから発展し、この楽曲の制作、実演を行っていたのがedhiii boi。交流戦最終日となった12日(日)、小雨振る中、スタートした試合前セレモニーで、edhiii boiがグラウンドに登場。詰めかけた観客に自己紹介をした後、「GRAB THE WIN」を力強いラップで初披露した。マリーンズファン、駆けつけたedhiii boiファンだけでなく、ベイスターズファンからも大きな拍手が贈られた。 「初めての経験でしたが楽しかったです。想像できないような空気感の中でのパフォーマンスでしたが、雨の中、皆さんしっかり聞いてくれて、いい歌詞だねと声をかけてくれて、嬉しかったです。」(edhiii boi) また本日6月13日(月)、3rdデジタルシングルとしてリリースした「Forever Friend」の新映像、”Tomodachi ver.”も公開された。こちらはタイトル「Forever Friend」にちなんで、友達との思い出写真を一般募集、応募された作品の中からedhiii boi自身もセレクトに参加し、厳選した写真で構成された別ヴァージョンのミュージックビデオだ。ビデオにはedhiii boi自身の写真も使用しているので、ぜひチェックしてみてほしい。 edhiii boi 「Forever Friend」 Music Video – Tomodachi ver.- SKY-HIのツアー参加など、夏に向けて精力的に活動をしていくedhiii boi。今後の動向を要チェックだ。 BUBBLE BOY「GRAB THE WIN」 千葉ロッテマリーンズ情報 https://www.marines.co.jp/news/list/index.html Artist Profiles edhiii boi(エディボーイ) ラッパー。2021年SKY-HIに送ったデモ一曲で心を撃ち抜き、14歳にしてアーティスト契約を掴み取り”edhiii boi”と名付けられた。独特の声、ワードセンス、テクニカルなフローから、ダンスやトラックメイクまでハイレベルでこなす。様々な音楽を経由してきた事を感じさせるハイブリッドな音楽性で、唯一無二の存在感を放つ小さな異端児。 Instagram TikTok BMSGオフィシャルサイト 【配信シングル情報】 edhiii boi Remix 「NO -remix- feat. TAIKI」… もっと読む »