Tag: 邦楽

【WONK】ニューアルバムからの話題曲「Migratory Bird」のMusic Videoを本日公開。ベース・井上幹がディレクション、スーパー8mmフィルムで撮影した作品に。

Photographer : Kohei Watanabe ( UN.inc ) WONKが、2年ぶりのアルバム『artless』を5月11日(水)にリリース。その中からアルバムタイトルの『artless』を体現する一曲「Migratory Bird」のMusic Videoを本日9時に公開した。 エクスぺリメンタル・ソウルバンドとして実験的な楽曲群を生み出してきたWONKが、純粋な楽器の鳴りにフォーカスし、日々の生活を写実的に描写したアルバム『artless』。中でも、「Migratory Bird」は、ある二人の曖昧な関係性と時の移ろいを歌った一曲だ。軽やかなギターサウンドのイントロの時点で、”これまでのWONK像”との距離に気付かされる。ラジオ各局でもパワープレイが続き、リリースから時間が経った5月22日付のJ-WAVE「TOKIO HOT 100」でランキング5位に再浮上するなど注目曲となっている。 本日公開の「Migratory Bird」のOfficial Music Videoは、ベース・井上幹がディレクションを担当し、 スーパー8mmフィルムを用いて自ら撮影を敢行した。個人映画向けのムービーフィルムとして古くから愛される本品を実際に用いることで生まれた独特な風合いになり、楽曲の世界観がより一層投影されている。主人公の目線で映し出されるシーン展開で、想い出を追想するような作品に仕上がっている。 WONK – Migratory Bird (Official Lyric Video) 「Migratory Bird」を含む『artless』は、全曲で頭上を含む3次元空間に音を鳴らし、深み溢れるサウンド体験を可能にする音響技術「ドルビーアトモス」を採用していることでも話題になった。アルバムを通じて、ベーシストでありエンジニアでもある井上幹がミキシングを担当、元々ゲームのサウンドデザイン(VRや3D系)をしていた井上がその経験を活かす形で自ら実現させている。Apple Music、Amazon Music Unlimitedユーザーは、AirPods Proなどドルビーアトモスのシステム環境下でぜひ体験して欲しい。 ※ドルビーアトモスは、Apple Music、Amazon Music Unlimitedのサブスクリプションの登録者は追加費用なしで、対応している曲をドルビーアトモスによる空間オーディオで聴くことが可能。AirPods ProまたはAirPodsMax、最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカー、Apple TV 4K、Androidデバイスでも楽しむことができる。 今月6月17日(金)からは、全国8都市を巡る「artless Tour 2022」を控えたWONK。久しぶりにオリジナルメンバーの4人体制で臨むLIVEツアーでは、結成9年目を迎える”artless”なWONKサウンドをリスナーに届ける。 【RELEASE INFORMATION】 new album 『artless』 2022年5月11日(水) 発売 再生/ダウンロード/CD購入 M1. Introduction #6 artless M2…. もっと読む »

【さかいゆう】新作『Whale Song EP』から表題曲「Whale Song」の6/15(水)先行配信決定!MVティザー映像も公開!

シンガーソングライター・さかいゆうが新作『Whale Song EP』[6月22日(水)リリース]より、表題曲「Whale Song」を6月15日(水)に先行配信することを発表した。合わせて「Whale Song」のミュージックビデオのティザー映像をさかいゆう公式YouTubeチャンネルで公開した。 「Whale Song」はさかいゆうの出身地・高知県の酒造会社「酔鯨酒造」の50周年記念ムービーのために書き下ろされた一曲。高知の黒潮の海を悠々と泳ぐ鯨をモチーフに、かつて坂本龍馬やジョン万次郎(中浜万次郎)ら先人たちが大志を抱いて高知から全国、そして世界へと海を渡っていったように外海へと漕ぎ出すチャレンジスピリットを歌ったスケールの大きな楽曲に仕上がっている。 今作のミュージックビデオは、全編、さかいの故郷・高知県土佐清水市で撮影された。鯨が暮らす海を眼下に望む随一の景勝地・足摺岬、緑豊かな椿のトンネル、定置網漁の水揚げを行っている朝の窪津漁港、パノラマオーシャンビューのテラスを持つイタリアンレストランAzzurissimoを擁した四国屈指のリゾートホテルTheMana Villageなど、土佐清水のいたる所でさかいゆうが歌い、奏でる。 新たに故郷に設けたスタジオから生まれた100%純土佐清水産の音楽とオール土佐清水ロケの映像で、この楽曲の世界をより立体的に味わえる作品となっている。 ミュージックビデオの全編は6月15日(水)に公開されるので、ぜひ楽しみにしていてほしい。 さかいゆう「Whale Song」Music Video(short) 「Whale Song」と6月22日(水)にリリースされる、高知、四国をテーマにした楽曲をコンパイルしたEP『Whale Song EP』。故郷への思いがぎっしり詰まった楽曲たちが、リスナーを故郷の家族、友人、風景に繋いでくれることだろう。 [デジタル] 各種配信サービスでのダウンロード・ストリーミング [CD] 今回の“酔鯨 × さかいゆう”コラボレーションを記念して、CDと日本酒を組み合わせた『酔鯨50周年×さかいゆう特別コラボセット』を数量限定販売! CD『Whale Song EP』はこだわりの紙ジャケット仕様。アナログ盤のような作りで、足摺の海に昇る朝陽とテールマークが目を引くジャケットは思わず飾っておきたくなるアイテム。そこに酔鯨がお米作りからこだわって造った「酔鯨 純米吟醸 出間(いずま)」と小さなワイングラスをイメージした清酒グラス「SUIGEI MINI GLASS GOLD TAIL」が揃って、まさに音楽とお酒を五感でたっぷりと堪能できる豪華セットが完成。現在、酔鯨公式オンラインショップ(https://www.suigei-officialstore.com/)にて予約受付中だが、早くも出荷初日の受付分が完売! 確保数に達し次第、販売終了となるので、ぜひ急いでチェックしてほしい。 ■Release Information シングル「Whale Song」 6月15日(水)配信 『Whale Song EP』 6月22日(水)リリース <収録曲> 1.Whale Song <酔鯨酒造50周年記念ムービーテーマソング> 2.故郷 3.父さんの汽笛 <NHKみんなのうた(2018年4〜5月)> 4.Go Johnney, man <ジョン万次郎資料館への提供楽曲> 5.Lalalai 〜いごっそうver.〜 <ローソン高知CMソング> [CD] 酔鯨50周年×さかいゆう特別コラボセット《数量限定》… もっと読む »

【T字路s】カヴァーアルバム『COVER JUNGLE 1』リリース!アルバムダイジェスト映像を公開!

T字路s(ティージロス) 伊東妙子 (Vo, Gt)と篠田智仁 (Ba)のデュオ、T字路sがカヴァーアルバム『COVER JUNGLE 1』をリリースした。 2015年にリリースした『Tの讃歌』以来となるカヴァーアルバム『COVER JUNGLE 1』は、T字路sに大きな影響を与えてきた名曲の数々を、リスペクトを込めて現在過去未来と紡いでいく作品。先行シングルとしてリリースされた「星影の小径」に、「三百六十五歩のマーチ」「熱き心に」「スローバラード」「愛のメモリー」など誰もが知る楽曲に、バンドから大きな影響をうけたThe ピーズの「そばにいたい」、ザ・クロマニヨンズの「ユウマヅメ」、そして自身のセルフカヴァー「これさえあれば」など全8曲収録。 そんな全8曲の美味しいところを集めたダイジェスト映像が、アルバム発売に合わせてT字路sの公式YouTubeチャンネルで公開された。今作は静岡県の伊豆高原にあるIZU STUDIOでアナログレコーディングを行ったT字路sだが、ダイジェスト映像では、その時のレコーディング模様が垣間見れる。ダイジェスト映像を楽しんだ後は、ぜひアルバムをフルで楽しんでほしい。 T字路s “COVER JUNGLE 1” (Digest Movie) そして週末からはアルバム発売記念ツアー、『T字路s COVER JUNGLE TOUR season1 』がスタート。6/11(土)名古屋 TOKUZOから8/7(日)の横浜 THUMBS UPまで全10か所11公演が開催される。チケットが完売している会場も多いので、最新情報はオフィシャルHPをチェックしよう。 【RELEASE INFORMATION】 T字路s / アルバム 『COVER JUNGLE 1』 発売日 : 2022年6月8日(水) CD品番 : POCS-23022 定価 : 2,750円(税込)/ 2,500円(税抜) 紙ジャケ仕様 レーベル : Mix Nuts Records ディストビューション:Virgin Music Label… もっと読む »

【edhiii boi】 6月12日(日)ZOZOマリンスタジアムに登場!

2022年1月にSKY-HI主宰のマネジメント/レーベル”BMSG”よりシングル「NO」でデビューを飾ったラッパーのedhiii boi(エディボーイ)が、6月12日(日)千葉ロッテマリーンズと横浜DeNAベイスターズの交流戦が行われるZOZOマリンスタジアムに登場する。 ZOZOマリンスタジアムで開催されるセ・パ交流戦では、試合前に、ロッテオリオンズ時代のマスコット「バブル坊や」の現代版「BUBBLE BOY(バブル・ボーイ)」が、応援ラップ「GRAB THE WIN」をスクリーンで披露してきた。楽曲の詳細は明かされておらず、正体は謎のままだったが、実はこの楽曲を担当したのが、edhiii boiだった。「ボーイ」繋がりから発展した、マリーンズとedhiii boiのコラボレーション。12日(日)のDeNA戦の試合前セレモニーでは、edhiii boiが「GRAB THE WIN」をグラウンド上で初披露する。試合開始前13:50頃のパフォーマンスになるので見逃さないように! BUBBLE BOY「GRAB THE WIN」 「今回バブル坊やがBUBBLE BOYにパワーアップすることをきっかけにedhiii boiが「ボーイ」繋がりによってコラボさせていただくことになりました!自分がこうやってBUBBLE BOYとコラボして、このような企画に参加できて本当に光栄です! この曲で、選手の皆さまやファンの皆さま、そしてマリーンズを熱く応援できればと思っています。これから暑くなりますので、皆さま熱中症にも気をつけて、試合を楽しんでくださいね!」(edhiii boi) 千葉ロッテマリーンズ情報 https://www.marines.co.jp/news/detail/00007937.html Artist Profiles edhiii boi(エディボーイ) ラッパー。2021年SKY-HIに送ったデモ一曲で心を撃ち抜き、14歳にしてアーティスト契約を掴み取り”edhiii boi”と名付けられた。独特の声、ワードセンス、テクニカルなフローから、ダンスやトラックメイクまでハイレベルでこなす。様々な音楽を経由してきた事を感じさせるハイブリッドな音楽性で、唯一無二の存在感を放つ小さな異端児。 Instagram TikTok BMSGオフィシャルサイト 【配信シングル情報】 edhiii boi Remix 「NO -remix- feat. TAIKI」 2022年4月20日(水)配信 レーベル:BMSG ディストリビューション:Virgin Music Label and Artist Services 再生/購入 ■ edhiii boi 「NO -remix- feat…. もっと読む »

【miu】シンガーソングライターmiuが本日6月3日(金)にシングル「ichimoku」をリリース。新ビジュアルとリリックビデオのプレミア公開を発表。

天使の歌声と評されるZ世代のシンガーソングライターmiu(ミウ)が、本日6月3日(金)に8thシングル「ichimoku」(イチモク)を配信リリースした。 キュートかつ透明感のある歌声で、楽曲の世界を一編の小説を書くように、歌を紡いでいくのがmiuの特徴だが、今作は、前作「本当は」に続く、王道のミディアムナンバーとなっている。タイトルの「ichimoku」は、ズバリ“一目惚れ”してしまう程に煌めいた瞬間を意図しており、思いがけない出逢いにより、心が暗闇から光に包まれてゆく情感を描いた楽曲になっている。プロデュースは、RAINY、tkc-たかし、中丼貴一、わたなべまさのり の4人からなる令和ミュージックグループ、TOTEM HIM’S(トーテムヒムズ)が手掛けている。 月を挟んで向き合う切なくも可愛いらしいジャケットは、新進気鋭のイラストレーターminakuが手がけ、 リリックビデオは、映像作家100人2022にも選出され、コラージュ映像を中心にダークな世界観からポップな世界観まで幅広い表現力で楽曲が持つ魅力を引き出すイノウエマナが手掛けている。 そして6月5日(日)21:30より、miuの公式YouTubeチャンネルにて、ラジオ形式のレギュラープログラム「miuTube radio」を生配信する。「ichimoku」に込めた思いを聞くことができる貴重な機会だ。その後22:00より「ichimoku」のリリックビデオがプレミア公開される。公開時にはmiu自身もチャットに参加する予定なので、アーティストと一緒にリアルタイムで楽しんでみて欲しい。 miu公式YouTubeチャンネルはこちらから miuTube Radio 6月5日(日)21:30より 生配信 miu 「ichimoku」リリックビデオ YouTubeプレミア公開 6月5日(日)22:00より 【RELEASE INFORMATION】 miu ニューシングル 「ichimoku」 2022年6月3日(金)配信 Label: RECORDS Distributed by Virgin Music Label and Artist Services 再生・購入 【配信中】 7thシングル「本当は」 2022年4月8日(金)配信 再生・購入 6thシングル「201」 2022年3月4日(金)配信 再生・購入 5thシングル「Shandy gaff」 2022年2月4日(金)配信 再生・購入 【miu】(みう) まるでドラマのワンシーンのように瑞々しい感性で綴られるソングライティング、ネオソウルにLo-fi hip hopの浮遊感も交じったトラックメイク、甘いのに透明…情感豊かな歌声がどこまでも心地よく思わずリピートしてしまう。 2000年4月3日生まれ、北海道旭川市出身、現在都内で活動中のシンガーソングライター。 20歳を迎えた2020年4月3日よりYouTube channelをスタート。開設1年半でチャンネル登録者数4万、総再生回数300万を突破!特にアジア圏から「calm voice」「天使の声」と高く評価されている。 2021年8月、新進気鋭のシンガー・トラックメイカー、kim taehoonプロデュースによる配信シングル「game」でデビュー。以降リリースする楽曲は、各ストリーミングサービスにて多数のプレイリストに取り上げられ、YouTubeによるアーティスト支援プログラム“YouTube… もっと読む »

【Aile The Shota】2nd EP 『IMA』の新ビジュアル公開!

5月11日(水)にリリースした2ndデジタルシングル「IMA」(イマ)が好調のAile The Shota(アイルザショウタ)。5月27日(金)に公開された「IMA」のミュージックビデオは、重厚感と疾走感、スペイシーかつ80’s的な要素も取り入れた楽曲の世界観を見事に表現しており、音楽専門チャンネルMTV Japanでは、New Artistを強力PUSHする企画、”HOT SEAT”の6月度にセレクトされ、楽曲と合わせて、映像でも反響が広がっていくことだろう。 そのシングル「IMA」が収録された、7月6日(水)にリリースされる2nd EPのタイトルと新ビジュアルが公開された。EPタイトルは、シングルと同じ『IMA』。まさにAile The Shotaの「今」が詰め込まれたEPということを反映したタイトルとなった。シングル「IMA」のタイトルは、「今」と、すぐ目の前の未来を意味する「I’ma」の二つの意味から名付けられたが、EPのアートワークは、今と未来、そして過去を繋ぐAile The Shotaの確かな「今」を、幾つかの時を刻む時計をモチーフに表現した、色と色が溶け合う淡く鮮やかで浮遊感に溢れた作品となっている。 EPは、関西を拠点に活動するプロデュースユニットKNOTTと共に制作された、疾走感溢れる重厚なビートと、エモーショナルでキャッチーなメロディが印象的なダンサブルな楽曲「IMA」、アーティストコレクティブSoulflexから、プロデューサーMori Zentaroと、ヒップホップアーティストMa-Nuを招いて制作した心地良いグルーヴのダンスチューン「so so good feat. Ma-Nu」、次世代シンガーソングライター春野をフィーチャリングに迎え、Z世代から大きな支持を得るmaeshima soshiプロデュースで制作したノスタルジックでメロディアスなR&Bナンバー「常懐 feat. 春野」、Chilly Source所属のビートメイカー、illmoreのLo-fiトラック×Aile The Shotaの浮遊感漂うフロウで包み込む「夢宙」の4曲を収録。 配信と合わせて、CDはタワーレコード、Aile The Shota fanclub、BMSG運営ファンコミュニティ「B-Town」にて限定発売される。限定商品となるので予約を忘れずに。 【リリース情報】 Aile The Shota EP 『IMA』 2022年7月6日(水)リリース レーベル:BMSG ディストリビューション:Virgin Music Label and Artist Services 1. so so good feat. Ma-nu(prod.Mori Zentaro) 2. 常懐 feat. 春野(prod.maeshima soshi)*タイトルヨミ:トコナツ 3…. もっと読む »

【okkaaa】時代を吟遊する表現者・okkaaaのニュー・シングル「ホットワイン」、6月15日(水)配信決定。リモート時代の刹那な孤独感を、雨をモチーフにオルタナティブ・ポップへと昇華した、この季節にぴったりのサッド&メロウな新曲。

時代を吟遊する表現者としてマルチに活動するokkaaa(オッカー)。 今年1月26日に初のフル・アルバム『Voyage』をリリースし、幅広いリスナーから高い評価を受けた。 その後4月13日に発表した前作シングル「surfing love」では、クリエイターmaigoishiとのコラボレーションで<アシッド・チル>を掲げて話題となったが、それに続くシングルとして、このたび6/15(水)にニュー・シングル「ホットワイン」を配信することが決定した。 今ならではのリモート時代の刹那な孤独感を、雨をモチーフにオルタナティブ・ポップへと昇華し、梅雨の季節にぴったりのチルでサッド&メロウなトラックが完成した。 また、ジャケ写と新しいアーティスト写真も本日公開となった。 続々と新しいテーマやアイディアを形にしていくokkaaaのクリエイティヴから、ますます目が離せない。 以下、okkaaaからコメントが到着している。 この曲はリモート飲み会で感じた個人的な孤独体験がスタートになっています。 「画面の前のあのホットワイン、冷たそうに見えるけど僕は」 画面の先の温度差をどうやって乗り越えるのか、どうやって繋がれるのか、そういったテーマや苦悩が楽曲全体を覆っています。 そして、そんな他者との分かり合えなさを雨を使って表現しています。 ぜひみなさんの梅雨を彩る楽曲になって欲しいなと願っております。 (okkaaa) また、本日6月1日(水)から、「ホットワイン」のPre-save, Pre-Addの事前予約もスタート。Spotify / DeezerのPre-save、Apple MusicのPre-addボタンをクリックすれば、自身のお気に入りまたはライブラリに「ホットワイン」が予約登録され、配信初日に聴き逃がすことなく新曲を楽しむことができるのでぜひアクセスしておこう。 【Release Information】 okkaaa ニュー・シングル「ホットワイン」 2022年6月15日(水)配信 Lyrics by okkaaa Music by okkaaa, 8ROKEBOY produced by okkaaa, 8ROKEBOY Recording, Mixing & Mastering engineer: okkaaa Label: Virgin Music Label and Artist Services Pre-add / Pre-save 事前予約をする 【メディア出演情報】 ・J-WAVE『TOKYO M.A.A.D… もっと読む »

【さかいゆう】新作『Whale Song EP』リリース決定!故郷・高知県 土佐清水でのスペシャルライブも開催!

シンガーソングライター・さかいゆうが、6月22日(水)に新曲「Whale Song」を含む全5曲を集めた『Whale Song EP』をリリース、8月6日(土)には故郷・高知県土佐清水市でスペシャルライブを開催することを発表した。 2021年5月にリリースしたアルバム『愛の出番 + thanks to』以来となる、約1年ぶりの新作。前作リリース時には、コロナ禍でも歩みを止めることなく、様々な形態のライブ活動を精力的に全国で行っていたが、そんな活動を通して改めて故郷・高知、土佐清水への想いを強めていったさかいゆう。このほど、地元・高知県の酒造会社「酔鯨酒造」へ提供した書き下ろしの新曲をはじめ、高知や故郷をテーマにした楽曲を集めた5曲入りのEP『Whale Song EP』を完成させた。 タイトル曲「Whale Song」は、高知県の酒造会社 酔鯨(すいげい)酒造株式会社が50周年を迎えることを記念して製作された『酔鯨酒造50周年記念ムービー「Enjoy SAKE Life」~世界の食卓に酔鯨を~』のために書き下ろした新曲で、高知の黒潮の海を悠々と泳ぐ鯨をイメージしたスケールの大きい楽曲に仕上がっている。高知県を地盤に「世界の食卓に酔鯨を!」とビジョンを掲げる酔鯨酒造の想いと、この度、故郷・高知県土佐清水市にも新たな拠点を設け、高知からも世界へ音楽を発信していくさかいゆうの想いが一致し、今回のコラボレーションが実現した。 このほか本作『Whale Song EP』にはインディーズ時代の楽曲で今回が初音源化となる「故郷」、鰹の一本釣り漁師だった父親をテーマにした「父さんの汽笛」(2018年NHK みんなのうた)、2019年、土佐清水が生んだ偉人・ジョン万次郎(中浜万次郎)の資料館で開催された「ジョン万生誕祭」のために書き下ろした「Go Johnney, man」、「Lalalai」(2nd AL『How’s it going?』収録)をアレンジしたローソン高知TVCMでおなじみの「Lalalai 〜いごっそうver.〜」(いごっそう……土佐弁で「頑固で気骨のある男」)を収録。新曲から初音源化の楽曲まで、高知にまつわる楽曲たちを集めた高知づくしの一枚となっている。 また、本日公開された『Whale Song EP』ジャケット写真は四国最南端の足摺岬(土佐清水市)から撮影された朝陽と酔鯨ブランドのシンボル「鯨のテールマーク」が融合したビジュアル。アーティスト写真も同じく足摺岬近くの椿のトンネルで撮影されたもので、ビジュアルからも自然の色彩豊かな高知を感じてほしい。 「Whale Song」でコラボレーションする酔鯨酒造とは、さらなる展開もスタート! ▼酔鯨 × さかいゆう YouTubeでコラボレーション 酔鯨公式YouTubeチャンネルでは、50周年記念ムービーをはじめ、さかいゆうと酔鯨酒造の広報担当による音楽愛・日本酒愛・地元愛が感じられる対談企画も配信中。故郷・高知への想いや「Whale Song」の制作の裏側などが語られる。現在公開中の前編に続き6月3日(金)には後編も配信されるので、ぜひチェックしてほしい。 『酔鯨酒造50周年記念ムービー「Enjoy SAKE Life」~世界の食卓に酔鯨を~』 【重大発表!酔鯨×さかいゆう特別対談!前編】 ▼CD+日本酒の特別コラボセットを販売 今回のコラボレーションを記念してCDと日本酒の特別コラボセットの販売が決定! CD『Whale Song EP』と酔鯨がお米作りからこだわって造った「酔鯨 純米吟醸 出間(いずま)」、小さなワイングラスをイメージした清酒グラス「SUIGEI MINI GLASS GOLD TAIL」が『酔鯨50周年×さかいゆう特別コラボセット』として酔鯨公式オンラインショップ (https://www.suigei-officialstore.com/)で販売される。数量限定となるので早めのアクセスを! ▼故郷・土佐清水市でのスペシャルライブ開催決定!! 8月6日(土)には、さかいゆうの故郷・高知県土佐清水市で酔鯨酒造が協賛するスペシャルライブ「酔鯨酒造 presents さかいゆう… もっと読む »

2022年毎月新曲リリース中のsooogood! 本日、新曲「BEST FRIEND!」が配信リリース&ミュージックビデオも初公開!

ヴォーカル/ギター/プログラミング/作詞/作曲/アレンジなどを全て手掛ける“FUTUREシンガーソングライター&ギタリスト”、sooogood!。 2022年は毎月新曲を発表することを宣言し、4月6日に第三弾シングルとしてリリースされた「ディナー・スウィートラヴ」は、現在好評放送中のBS-TBS/ひかりTV ドラマ「シェアするラ!インスタントラーメンアレンジ部はじめました。」(主演:佐藤流司) のオープニング主題歌になるなど、今、注目のマルチアーティストだ。 本日、連続リリースの第四弾となる最新作「BEST FRIEND!」がデジタルリリースされ、併せてミュージックビデオも公開された。 この楽曲はsooogood!の日々の想いが綴られたピースフルなポップチューンで、 進化と広がりが止まらない彼が作り出す独自のビートにのった優しさと強い意志を感じるボーカルが心を解してくれる楽曲で、ミュージックビデオは新進気鋭のクリエーターであるmiwakoの手による全編アニメーションとなっている。 新曲“BEST FRIEND!”のテーマを、遠く離れたベストフレンドを探しに、時を超え宇宙を股にかけたスペクタクルな冒険物語に反映させた、全編アニメーションによるミュージックビデオが完成しました!キュートなアニメーションはクリエイターmiwakoさんに制作して頂きました! みなさんと一緒にこの冒険物語を楽しめたら嬉しいです!ぜひご覧下さい! (sooogood!本人コメント) また、sooogood!は7月1日(金)にShibuya duo MUSIC EXCHANGEにて初のワンマンライブ「~sooogood! one-man live~ provider」を開催することも発表しており、コロナ禍において思うようにライブができない日々が続く中でも、開催できる日を目指して準備を進めてきたとのことで、より一層思いのこもった記念すべきワンマンライブとなりそうだ。今作「BEST FRIEND!!」はじめ、今年リリースになった楽曲も披露される予定とのことなので、新曲たちを聴きながら、このライブを楽しみに待とう。 ●「BEST FRIEND!」MV 【Release Information】 sooogood!(ソーグッド) 「BEST FRIEND!」 2022.5.25 (水) Digital Release Label:CULTIVATE MUSIC Distributed by Virgin Music Label and Artist Services 再生 / 購入 「ディナー・スウィートラヴ」 2022.4.6 (水) Digital Release Label:CULTIVATE MUSIC Distributed by Virgin Music… もっと読む »

【Aile The Shota】シングル「IMA」 ティザー映像公開!ミュージックビデオのプレミア公開も決定!

5月11日(水)に2ndデジタルシングル「IMA」(イマ)をSKY-HI主宰のレーベル “BMSG”よりリリースしたAile The Shota(アイルザショウタ)。本日5月25日(水)「IMA」のティザー映像が公開され、5月27日(金)にミュージックビデオをプレミア公開することを発表した。 「IMA」は、7月6日(水)にリリースされる2nd EPからの先行シングル。関西を拠点に活動するプロデュースユニットKNOTTと共に制作された、疾走感溢れる重厚なビートと、エモーショナルでキャッチーなメロディが印象的なダンサブルな楽曲で、現在日本全国のラジオ局でパワープレイ中だ。iTunes R&B/ソウルチャート1位のほか、各配信サイトや歌詞サイトで上位にランクインを果たした話題の楽曲だ。 本日5月25日(水)に公開されたティザー映像は、Aile The Shotaがテレビゲームをしていると、突然ブラウン管に自身の幻想的な映像が流れ始め、05.27 fri 20:00というキーワードで締めくくる内容となっている。ストーリーの続きに期待が高まるが、最後に提示された日時5月27日(金)20時に、Aile The Shotaの公式YouTubeチャンネルでミュージックビデオがプレミア公開される。公開タイミングにはAile The Shotaがチャットに参加予定とのことなので、ぜひアーティストと一緒にリアルタイムで楽しんでみて欲しい。 Aile The Shota / IMA (Prod. KNOTT) Music Video プレミア公開:5月27日(金)20:00より 7月6日(水)には、「IMA」、アーティストコレクティブSoulflexから、プロデューサーMori Zentaroと、ヒップホップアーティストMa-Nuを招いて制作した心地良いグルーヴのダンスチューン「so so good feat. Ma-Nu」、次世代シンガーソングライター春野をフィーチャリングに迎え、Z世代から大きな支持を得るmaeshima soshiプロデュースで制作したノスタルジックでメロディアスなR&Bナンバー「常懐 feat. 春野」、Chilly Source所属のビートメイカー、illmoreのLo-fiトラック×Aile The Shotaの浮遊感漂うフローで包み込む「夢宙」の4曲を収録したEPをリリースする。リリースに向けて今後様々な情報が発表となるのでお楽しみに。 【リリース情報】 Aile The Shota EP 『タイトル未定』 2022年7月6日(水)リリース レーベル:BMSG ディストリビューション:Virgin Music Label and Artist Services 1. so so… もっと読む »