元キマグレン・クレイ勇輝を中心とする、FREE&EASYな音楽集合体バンド・OCEANS、ヴォーカルにyuiをフィーチャーしたアルバムからの先行配信シングル「Summer in COLORZ」本日(7月27日)発売!MVも公開。

 

元キマグレン・クレイ勇輝を中心とする、FREE&EASYな音楽集合体バンド、OCEANS(オーシャンズ)の8月17日発売のファースト・アルバムから、先行シングル「Summer in COLORZ」が本日(7月27日・水)配信リリースとなった。
「Summer in COLORZ」は、ヴォーカリストにyuiをフィーチャーし、現在全国をツアー中の初のコンサート<COLORZ>でもメインとして演奏されている楽曲で、アルバム『OCEANS with love』が既配信楽曲を中心とした構成である中、全14曲中唯一未配信の新曲となっている。

■新曲「Summer in COLORZ」について■
昨夏、クレイユーキーズ with yuiの京都即成院で披露された「SUMMER in KYOTO」を、OCEANS初の全国ツアー<COLORZ>に合わせて「Summer in COLORZ」としてリメイク。
ツアーでは毎会場「その地名」に変更して演奏されているが、今回のレコーディングでは、歌詞は最初に京都で披露したOriginal Versionでの収録となっている。

■「Summer in COLORZ」ヴィジュアルについて■
今作のMV(リリック・ビデオ)はOCEANSのメンバーとしても参加しているbanishmentのイラストから制作され、本日公開された。
また、シングルおよびアルバムのジャケット・ヴィジュアルも、この印象的でイマジナブルなbanishmentのイラストから造形されている。


■アルバムについて■
-KureiYuki’s to OCEANS-
KureiYuki’s(クレイユーキーズ)が、<OCEANS>に改名し、本格的な始動となるファースト・アルバム『OCEANS with love』を8月17日(水)にリリース!
これまでにクレイユーキーズ名義で配信した楽曲13曲に、ヴォーカルにyuiをフィーチャーした「Summer in COLORZ」を加えた全14曲収録。元キマグレン・クレイ勇輝を中心とした、さまざまな才能の有機集合体であるOCEANSの初期の集大成ともいうべき充実の内容。
リラックス感あふれるトラック、リリカルな心地よいフロウ、多彩なヴォーカリストをフィーチャーした楽曲群は、上質でオーガニックでオーディナリーでカラフルなポップスを奏でている。
初の配信シングル「世界から音が消えた日」は、500万再生を超えるストリーミング・ヒットを記録している。

参加ヴォーカリスト:DAZBEE、yui、伊原六花、鈴木愛理、THE CHARM PARK/山田健人[ラニーノーズ]、武田玲奈、斎藤アリーナ、上野優華、桜井日奈子

さまざまなゲストを迎えた、7か所10本に及ぶ初の全国コンサート・ツアーも大詰めを迎えており、この夏の大きな話題となること必至のOCEANSから目が離せない。



■OCEANS with yui シングル
「Summer in COLORZ」


2022年7月27日(水)配信
lyrics:Yuki Kurei
music:Yuki Kurei & Kafu Satoh
Arranged by OCEANS
Label: Virgin Music Label and Artist Services



■OCEANSファースト・アルバム
『OCEANS with love』

2022年8月17日(水)発売(CD・配信)
CD品番:POCS-23027
CD価格:2,727円(税抜) 3,000円(税込)
紙ジャケット仕様
Label: Virgin Music Label and Artist Services



■コンサート・ツアー<COLORZ powered by SHEIN>開催

音楽とファッションを色で紡ぐライブファッションイベント
6月30日(木)新潟LOTS
7月6日(水)・7日(木)Zepp Nagoya
7月9日(土)BLUE LIVE HIROSHIMA
7月13日(水)・14日(木)Zepp Namba
7月22日(金)Zepp Fukuoka
7月27日(水)・28日(木)Zepp Haneda
8月21日(日)日比谷野外音楽堂(情報解禁前)
詳細:https://colorz.tokyo/


■コンサート会場での「会場限定CD」先行販売
6月30日よりスタートするコンサート・ツアーの会場内にて、会場限定盤CDの販売決定。
以下概要
・全10曲収録
・価格:2,000円(税込)
・紙ジャケット仕様
・全国一般流通盤とはジャケット絵柄違い、収録曲も一部異なります。
・会場限定盤お問合せ先:info@oceans-band.com


■プロフィール

OCEANS
2015年のキマグレン解散以降「仲間たちと趣味のような形で」音楽活動を続けていたクレイ勇輝。
2018年に、OKP-STAR(ex.Aqua Timez)、Shun(HY)、芹澤優真(SPECIAL OTHERS)、MARTIN(OAU)、GIRA MUNDO、yui(FLOWER FLOWER)と共に、平昌オリンピック冬季競技大会パブリックビューイングイベントに出演したのをきっかけに「クレイユーキーズ」を結成。
その後も面白いメンバーやステージに出会うたび「流れに乗ってライトに」活動し続け、2019年には、東京ガールズコレクション(TGC)のビーチフェスに参加。コロナ禍の2020年、2021年には、千年以上の歴史を持つ京都の寺院・即成院を舞台とした配信ワンマンライブを成功させ、2021年には、国史跡である横須賀の千代ケ崎砲台跡でのライブ&ファッションショーに出演。
ミュージシャンのみならずイラストレーターなど総勢30名以上のメンバーが集結し、規模が大きくなるにつれて「“企画バンド”からの卒業を考えるようになった」と、クレイ勇輝は語る。こうして今回、本格始動するのが「OCEANS」だ。
バンド名は、クレイ勇輝がキマグレンとして音楽活動を始めた海、そしてインスパイアされた映画だという『オーシャンズ11』に由来する。
活動スタイルは変わらず、柔軟かつ流動的にメンバーを編成。
「『オーシャンズ11』のように、集結したスペシャリストたちが役割分担しながらライブや作品制作という目的を達成していく、“一人一人が主人公”のプロジェクト」を目指す。
2022年、短編映画『逃走あるいは闘争』(主演:中村ゆりか)を制作し、これまでリリースしてきたミュージックビデオの絵の中で描かれている物語と、リリース15作目となる楽曲「18さぃ with yui」を実写化した。



■yui
1987年、福岡県出身。2005年2月、「feel my soul」でメジャーデビューを果たす。
2004年から2012年までシンガーソングライターとして活動し、2013年からはロックバンド“FLOWER FLOWER”のヴォーカリスト兼ギタリストとして活動。
2020年11月に公開されたYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』でのパフォーマンスは、3カ月足らずで430万再生を超えるなど大きな反響を呼ぶ。
2021年2月24日、デビュー15周年を記念したセルフカバーミニアルバム『NATURAL』をリリース。



■banishment
1995年生まれ。イラストレーター・アニメーション作家。
暗い色調と相反した光、匂いのするような空気感、緻密な描き込みを特徴とした世界観や物語を、媒体を問わず表現する流れもの。
360°VR映像、短尺アニメーションなどオリジナル作品の創作を行うと同時に、広告・音楽・書籍・ゲームなどへの作品制作を手掛ける。 「ASIAGRAPH第2部門」最優秀賞受賞(2018)、三ツ矢サイダー主催「守りたい夏 Mamo Natsu Creative Award」審査員(2020)なども。FLAT STUDIO所属。


■Link

--------------------- ---------------------