Tag: シンガーソングライター

【David Kushner】デビュー作に向けて新曲「Sweet Oblivion」をMVの公開と共にサプライズリリース!

アメリカはシカゴの郊外にて生まれ、現在はロサンゼルスで活動をするフォーク・ポップのシンガー・ソングライター、David Kushner (デイヴィッド・クシュナー) 。デイヴィッド・クシュナーは、自身の“陰影が富んだ表現”が世界中のファンからの共感を得ることで、これまで2022年にシングル「Miserable Man」が大ヒットし、翌年リリースされた「Daylight」は即座にSpotifyのグローバルチャートのTop10入りを果たし世界におけるストリーミング再生回数は10億を超えている。8月30日に世界中のファンが待ちわびているデビュー・アルバム『The Dichotomy』のリリースが控える中、この度新曲「Sweet Oblivion」をサプライズリリースし、更にそのミュージック・ビデオも公開した。 新曲「Sweet Oblivion」のミュージック・ビデオは、過去にd4vd、ジェシー・J、カスケイド、ディロン・フランシスやTROYBOI等多くのアーティストの作品を手掛けているErik Rojasが監督を務めており、隕石の衝突、山火事、暴風雨など、目まぐるしい災害の中、人類や動物が避難する中、デイヴィッド・クシュナーはその場に残りながらも自身の代名詞でもあるバリトンの声を発する姿が描かれている。まるで、いつかこの世の全てが消えてしまうことを案じるかのように。デイヴィッド・クシュナーの個人的な観点でもアリながら、全世界共通とも言える人類の困難や苦闘を表現するこの「Sweet Oblivion」を通じて、デビュー作『The Dichotomy』の内容が垣間見れる。 大ヒット曲「Daylight」の他、これまでリリースされている「Skin and Bones」、「Hero」などを収録するデイヴィッド・クシュナーのデビュー作『The Dichotomy』に関して、デイヴィッドは「このプロジェクトは長い間取り組んできたものなので、やっと皆さんと共有することが出来ると思うと、とても嬉しいです。この作品を通して人類の光と影の間における奮闘を描きたかったのです。人間は誰しもそれぞれ異なった形で感じているもので、もちろん僕も日々感じています。是非皆さんには全てにおいて二通りの面があって、二つの作用する力があることを知って頂きたいのです。これを知ることは、奮闘における真実の目的を見出す第一歩であることだと信じています」とコメントしている。 「Sweet Oblivion」 Official Music Video <リリース情報> シングル「Sweet Oblivion」 2024年7月19日発売 試聴/購入 デビュー・アルバム『The Dichotomy』 2024年8月30日発売予定 (輸入盤/デジタル配信にて) <トラックリスト> 1. No High 2. Poison 3. Skin and Bones 4. Hero 5. You and Me 6. Love Is Going To Kill Us 7. Dead… もっと読む »

【Kohei Shimizu】フルアルバム『Hypervoid』収録「Dawn (feat. Mashinomi)」ミュージックビデオ公開!

2023年にsooogood!(ソーグッド)からの改名を発表したシンガーソングライター/トラックメイカーでギタリストのKohei Shimizu。改名後もMega Shinnosukeのトラックメイク、アレンジ、ライブのサポートギター、声優・入野自由への楽曲提供、ボカロPのDECO*27の楽曲アレンジ、菅田将暉との共作によるドラマ主題歌提供など、他のアーティストとのコラボレーションも精力的に活動を続けてきた。 6月5日(水)にはシンガーソングライターのMashinomiをフィーチャリング・ヴォーカルに迎えたコラボレーション楽曲のほか、Kohei Shimizu自身の歌唱楽曲、インストゥルメンタルなども収録されたフルアルバム『Hypervoid』をデジタルリリース。このアルバムに収録されている「Dawn (feat. Mashinomi)」のミュージックビデオが公開された。せつないギターサウンドによるイントロ、印象深く陰影に富む音像で表現されたハイパーポップソングだ。これまでもKohei Shimizuのアーティスト写真やミュージックビデオを数々手掛けている写真家/映像監督Makoto Okazakiが制作。現実世界を浮遊しながらも明日へ向かう強い意志を感じさせられる映像作品となっている。 Kohei Shimizu “Dawn (feat. Mashinomi)” (Official Music Video) そして自身の名義としては2022年12月以来となる、ライブ活動も再開する。8月25日(日)恵比寿BATICAにて開催されるイベント「mother」への出演が決定。Kohei Shimizuとして、あらたなライブパフォーマンスにも期待したい。 【Kohei Shimizu コメント】 もがいた先に何があるかわからないけれど、溺れそうで深く蒼い日々は振り返ればとおくでより青く、 自分を確固たるものにし得るファンデーションになると良いなという願いをこめた映像になりました! ぜひご覧ください! 久しぶりのライブ!ぼく自身も楽しみでしかたありません! 新しいカタチのKohei Shimizuをぜひみにきてくださいねー! 【New Release Information】 2024年6月5日 (水) Digital Release 『Hypervoid』(よみ:ハイパーボイド) 【収録曲】 1.Dawn feat. Mashinomi 2.NO ID! feat. Mashinomi ※2023年12月13日リリース デジタルシングル 3. GIMME ( ;~; ).* feat. Mashinomi ※2024年1月31日リリース デジタルシングル 4…. もっと読む »

【Mark Ambor】「Belong Together」がロングヒットしている中、デビュー作を8月発売決定!

ニューヨークにて活動するアメリカのヴォーカリスト、プロデューサー兼マルチ・インストゥルメンタリストのマーク・アンバー(Mark Ambor)。今年の2月にリリースした「Belong Together」がSpotifyのグローバルチャートTop50にランクインし、ストリーミング再生回数は3億5千万回を超える程大ヒットしているマーク・アンバーが、自身の記念すべきデビュー・アルバム『Rockwood』を8月16日にリリースすることを発表し、更には新曲「Our Way」のヴィジュアライザーも公開した。 デビュー作の『Rockwood』はマーク・アンバー自身がプロデュースとソング・ライティングを手掛けており、ウエストチェスターの州立公園の近くにある、幼少期を過ごし、更にはミュージシャンとしてキャリアをスタートさせた家で制作された。「Rockwoodは、夕日を見たり、お酒を飲んだり、煙草を吸ったり、初デートをしたり、ピクニックしたりするような所・・・みんなそれぞれ自分が育った場所でそんな特別な場所があるはず。だから、僕はみんなにとって逃避の出来るアルバムにしたかったのです。アルバムに収録された楽曲を聴くと気分が良くなるように。アルバムを聴くことで、理解してもらえる気分になって欲しいのです。まるでコミュニティーの一員になったかのように、誰かと一緒にいるかのように感じて欲しいのです・・・そうすることで、自分自身よりも何か大きなものの一部になったかのように感じて貰えれば嬉しいです」とマークは語り、更に「Rockwoodは僕が子供の頃、友人と共に逃避をするのに最高の場所だったのです。その場にいると、一瞬でも肩の荷が下りるような・・・」と付け加えている。 アルバム『Rockwood』には大ヒット中の「Belong Together」や最新シングル「Our Way」の他、「I Hope It All Works Out」や、25か国のチャートにランクインしたヒット曲「Good To Be」も収録されている。 2024年のライジング・スターとして注目されているマーク・アンバーのアルバムを引っ提げた形で控える北米とヨーロッパのツアーは既に24時間以内に完売している。 「Belong Together」 Official Video 「Our Way」 Official Visualizer <リリース情報> シングル「Belong Together」大ヒット配信中 試聴/購入 ニュー・シングル「Our Way」 2024年6月28日リリース 試聴/購入 デビュー・アルバム『Rockwood』 2024年8月16日発売予定 予約 <バイオグラフィー> ニューヨークにて活動するアメリカのシンガー・ソングライター。コロナ禍、自身の音楽のキャリアをどのように構築するかを探っていた中、友達からTikTokに作った音源を投稿するように勧められ、少しずつ人々と繋がるように。2022年にデモ音源をまとめた初のEP『Hello World』をリリースした頃には自身の夢が叶ったと実感し始めており、よりファンと深く繋がり、且つ、正直に自分自身を表現することにフォーカス。翌年にリリースしたシングル「Good To Be」は瞬く間に25か国のチャートにランクインするほどまでにもなり、2024年2月にリリースした「Belong Together」はSpotifyのグローバルチャートTop50にもランクインし、月間リスナーも2,000万を超えるまでにも! <日本公式アーティストページ> https://www.virginmusic.jp/mark-ambor/

【Clairo】7月12日にリリースを控える新作『Charm』より、新曲「Nomad」が発売!

アメリカ生まれのシンガー・ソングライター/マルチプレイヤー/プロデューサー、クレイロ (Clairo)。2018年当時、Lo-Fiベッドルーム・ポップを代表するアーティストとして最も注目すべき新人アーティストとして名が挙がり、2019年に発表されたデビュー作『Immunity』には元Vampire WeekendのRostamが共同プロデューサーとして参加、2021年リリースの2nd『Sling』では、Jack Antonoffと共同プロデュースしたことが話題を呼んだ。7月12日に前作より約3年振りとなる3rdアルバム『Charm』のリリースを控える中、1stシングルの「Sexy To Someone」に続くニュー・シングル「Nomad」を6月28日にリリース。このシングルはアルバムリリース前に公開される最後のシングルになる。 新曲「Nomad」はニュー・アルバム『Charm』の冒頭を飾る楽曲であり、もろさ、傷つきやすさ、自衛本能、他人と関わることを避けてしまう状態を受け入れ、自分なりの対応をすることを表現している。歌詞では“I’m cynical, a mess / I’m touch-starved and shameless (私はシニカルでめちゃくちゃ/人恋しくて恥知らず)”と、柔らかく、スムーズな楽器の音色にのせて、クレイロは歌う。 ニュー・アルバム『Charm』は、クレイロと、これまでノラ・ジョーンズ等の作品を手掛けたLeon Michelsが共同プロデュースしており、70年代のジャズ、サイケデリック・フォークとソウルのグルーヴにインスパイアされた、温かみのある作品となっている。また、今作『Charm』は、クレイロにとって初の日本盤CDにてリリースされる。 クレイロが9月にLAのThe Fonda Theatre、そしてNYのWebster Hallにてそれぞれ5日間のレジデンシー・ライヴを開催することを発表するや否や数分間でチケットが完売している。 (レジデンシー・ライヴへのウェイティング・リスト登録はこちらから:https://clairotour.com/ ) <リリース情報> ニュー・シングル「Nomad」 2024年6月28日発売 試聴/購入 アルバム『Charm』 2024年7月12日発売予定 国内盤内容:SHM-CD仕様/歌詞対訳付予定 品番:UICB-1026/税込価格 : 2,860円 <トラックリスト> 1. Nomad 2. Sexy to Someone 3. Second Nature 4. Slow Dance 5. Thank You 6. Terrapin 7. Juna 8…. もっと読む »

【XinU】ニューEP『XinU EP#03』 から「触れる唇」のMVをプレミア公開!最注目ダンスアーティストGANMI メンバーがゲスト出演!

あなた“U”にクロス“X”するをキーワードに、今Tokyoで鳴っているビートと、自然体でありながらも芯をついた日本語詞で、ボーダレスに音楽の未来を切り開いているミュージックコレクティブXinU(シンユウ)。 6月26日(水)にリリースした3rd EP『XinU EP#03』(シンユウイーピーシャープスリー)の収録曲「触れる唇」のミュージックビデオが20時にXinUのオフィシャルYouTubeチャンネルでプレミア公開される。 真夏の江ノ島を舞台に、ザ・ビートル(フォルクスワーゲン)に乗り込んだXinUが、とある出来事をきっかけに新たな出会いに遭遇するという80年代のクリシェ(定番)をオマージュしたストーリーで展開されるロードムービー。XinUにとって初となる演技パートにも挑戦している。 そして、このミュージックビデオには2015年に日本から全世界に”エンターテインメント”を発信すべく、結成された11人のダンスアーティスト「GANMI」(ガンミ)のメンバーであるshun、Dyson、O.S.M、AOIがゲストダンサーとして出演。“思いがけずうまくいく夏の恋”をテーマに、shunが振り付けをしたダンスを披露している。「触れる唇」の歌詞に散りばめられたキーワードを繊細に表現し、軽やかなステップやクラップで密かにたかぶる感情を巧みに描き出している。ぜひ、XinU オフィシャルYouTubeチャンネルでのプレミア公開をリアルタイムでチェックしよう。 「触れる唇」 ミュージックビデオ 6月26日(水)20:00よりプレミア公開 XinUは7月12日(金)東京 渋谷WWW Xでのリリース記念ワンマンライブの開催を控えている。このワンマンライブにはshun、Dyson、O.S.M、AOIもゲスト出演し、「触れる唇」を全編にわたってダンスパフォーマンス、振り付け完全バージョンが披露される予定。 また、初の海外公演となる台北、ソウルでのライブも決定。国内のみならず海外からの支持を集め、インスタフォロワーは10万人を超え、アジアにファンを拡大しつつあるXinUの第一歩となるライブにもぜひ注目してほしい。 【NEW RELEASE INFORMATION】 ■3rd EP 『XinU EP #03』(シンユウイーピーシャープスリー) 2024年6月26日(水)デジタル&CDリリース CD:POCS-23044/ 価格:3,000円(税込) 2,727円(税抜) 紙ジャケ仕様 【収録曲】 1.いつか消えても 2.触れる唇 3.愛おしいままで(2024年3月13日(水)先行配信) 4.Hora Hora (2024年5月29日(水)先行配信) 5.Clap! Clap! 6.余裕綽々 7.ただ見つめ合っても 再生・購入はこちら 【XinU LIVE INFORMATION】 XinU EP #03 Release Tour(福岡、東京、台北、ソウル) ◆2024年6月29日(土)福岡Union Soda(開場19:00 / 終演23:00) GUEST LIVE : XinU… もっと読む »

【David Kushner】 「Daylight」で大ブレイクした”陰影のヒーロー”が、デビュー・アルバム『The Dichotomy』を8月リリース決定!

アメリカはシカゴの郊外にて生まれ、現在はロサンゼルスで活動をするフォーク・ポップのシンガー・ソングライター、David Kushner(デイヴィッド・クシュナー)が、この度世界中のファンが待ちわびていたデビュー・アルバム『The Dichotomy』を8月30日にリリースすると、新曲「Humankind」のリリースとそのミュージック・ビデオの解禁と共に発表した。デイヴィッド・クシュナーは、自身の“陰影が富んだ表現”が世界中のファンからの共感を得ることで、これまでシング2022年にシングル「Miserable Man」が大ヒットし、翌年リリースされた「Daylight」は即座にSpotifyのグローバルチャートのTop10入りを果たし世界におけるストリーミング再生回数は10億を超えている。 大ヒット曲「Daylight」の他、これまでリリースされている「Skin and Bones」、「Hero」などを収録するデイヴィッド・クシュナーのデビュー作『The Dichotomy』に関してデイヴィッドは「このプロジェクトは長い間取り組んできたものなので、やっと皆さんと共有することが出来ると思うと、とても嬉しいです。この作品を通して人類の光と影の間における奮闘を描きたかったのです。人間は誰しもそれぞれ異なった形で感じているもので、もちろん僕も日々感じています。是非皆さんには全てにおいて二通りの面があって、二つの作用する力があることを知って頂きたいのです。これを知ることは、奮闘における真実の目的を見出す第一歩であることだと信じています」とコメントしている。新曲「Humankind」のミュージック・ビデオでは「Humankind just lets me down/人類には幻滅させられるだけ」と歌うデイヴィッドがダークな人類の世界と、厳粛な明晰さにあふれる自然界を行き来するシーンにて描かれている。 「Humankind」 Official Music Video <リリース情報> シングル「Humankind」 2024年6月21日発売 試聴/購入 デビュー・アルバム『The Dichotomy』 2024年8月30日発売予定 (輸入盤/デジタル配信にて) <トラックリスト> 1. No High 2. Poison 3. Skin and Bones 4. Hero 5. You and Me 6. Love Is Going To Kill Us 7. Dead Man 8. Flesh x Blood 9…. もっと読む »

【XinU】新曲「触れる唇」のティザー映像を公開!タワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE.@」第14弾アーティストにXinUが決定!

あなた“U”にクロス“X”するをキーワードに、今Tokyoで鳴っているビートと、自然体でありながらも芯をついた日本語詞で、ボーダレスに音楽の未来を切り開いているミュージックコレクティブXinU(シンユウ)。 6月26日(水)にリリースされる3rd EP『XinU EP#03』(シンユウイーピーシャープスリー)の収録曲「触れる唇」のティザー映像が公開された。ライブでオーディエンスと一緒に歌って踊れる曲にしたい、というテーマに沿って、映像では楽曲に合わせてクラップしたり、楽し気な表情を見せるXinUの様子がうかがえる。楽曲プロデュースはM-Swiftこと松下昇平。この夏を盛り上げる爽やかな1曲となりそうだ。 ■「触れる唇」ティザー映像 また、タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズのウェブ版「NO MUSIC, NO LIFE. @」第14弾にXinUが決定し、グラフィックデザインが公開された。XinUが初めてワンマンライブを開催した上野YUKUIDOで撮影され、XinUの真っ直ぐな視線が印象深いデザインとなっている。 最新グラフィックデザインは6月22日(土)よりタワーレコード オンラインはじめタワーレコードが運営するサイトやSNS上で公開されるとともに、対象10店舗ではポスターも掲出(札幌パルコ店/仙台パルコ店/渋谷店/新宿店/横浜ビブレ店/名古屋近鉄パッセ店/名古屋パルコ店/ なんばパークス店/梅田NU茶屋町店/福岡パルコ店)。さらにXinUの撮影時のメイキングレポートが6月24日(月)より、「NO MUSIC, NO LIFE.」新サイト(https://nomusicnolife.jp/)にて公開されるので併せてチェックしよう。 XinUは7月12日(金)東京 渋谷WWW Xでのリリースワンマンを含む、初のアジアツアー開催も控える。初の海外公演となる台北、ソウル、そして東京、福岡の4都市を回るツアー。国内のみならず海外からの支持を集め、インスタフォロワーは10万人を超え、アジアにファンを拡大しつつあるXinUの第一歩となるツアーにもぜひ注目してほしい。 【NEW RELEASE INFORMATION】 ■3rd EP 『XinU EP #03』(シンユウイーピーシャープスリー) 2024年6月26日(水)デジタル&CDリリース CD:POCS-23044/ 価格:3,000円(税込) 2,727円(税抜) 紙ジャケ仕様 【収録曲】 1.いつか消えても 2.触れる唇 3.愛おしいままで(2024年3月13日(水)先行配信) 4.Hora Hora (2024年5月29日(水)先行配信) 5.Clap! Clap! 6.余裕綽々 7.ただ見つめ合っても Pre-add / Pre-save予約 CD予約はこちら 【XinU LIVE INFORMATION】 XinU EP… もっと読む »

【Kohei Shimizu】6月5日(水) フルアルバム『Hypervoid』を配信リリース!フィーチャリングボーカルにMashinomiを迎えた新曲のリリックビデオを公開!

2023年にsooogood!(ソーグッド)からの改名を発表したシンガーソングライターでギタリストのKohei Shimizu。俳優・森七菜のアルバム曲の編曲、ギター演奏参加や声優・入野自由への楽曲提供、Mega Shinnosukeのトラックメイク、アレンジ、ライブのサポートギターとして、さらにギタリストとしてライブや制作のサポートを行っている菅田将暉が菅田将暉+sooogood!として共作曲をリリースするなど、精力的な活動を続けてきた。 2023年12月より、シンガーソングライターのMashinomiをフィーチャリング・ヴォーカルに迎えた楽曲をリリースしており、これまでに4曲を発表してきたが、Mashinomiとのコラボレーション楽曲のほか、Kohei Shimizu自身の歌唱楽曲、インストゥルメンタルなども収録されたフルアルバム『Hypervoid』が6月5日(水)にデジタルリリースされた。 アルバムにはMashinomiとのコラボレーションの最終形態ともいえる新曲「supernova +*.*.++.*…」も収録。女の子のせつなさや哀愁、拗らせた感情をキュートに、そしてちょっぴりグロテスクに表現された歌詞が、デジタルサンドとPOPSがミックスされたアップテンポな楽曲に絶妙にフィットしている。Mashinomiのウィスパーボイスと随所で鳴り響くKohei Shimizuがかき鳴らすギターサウンドとのギャップが癖になる、そんな作品だ。「supernova +*.*.++.*…」のリリックビデオが完成し、Kohei ShimizuのオフィシャルYouTubeチャンネルに公開されているので、ぜひチェックしてみよう。 「Kohei Shimizu “supernova +*.*.++.*… (feat. Mashinomi)」(Official Lyric Video) 【Kohei Shimizu コメント】 2024年、Kohei Shimizuはじめてのアルバム”Hypervoid”のリリースしました! ボーカルにシンガーソングライターのMashinomiさんをむかえた楽曲はもちろん、ぼく自身がうたった新曲もあり、パーソナルなインナーマインドから縦横無尽にひろがるリリックの自由なスケール感を楽しんでいただけたら嬉しいです! 新たな楽曲にはオルタナティブなギターをかき鳴らしたブレイクビーツベースのハイパーポップソングや、マットなミドルビートのスペーシーな楽曲などを加えて、アルバムタイトル通り”Hypervoid”な現在のKohei Shimizuのソリッドハイパーポップな一枚になっております! アルバムを通してシームレスに楽しめると思いますので、ベッドルーム、ドライブ、いつものように歩く道で存分にKohei Shimizuの音楽の旅を楽しんでいただけたら幸せです! 【Mashinomi コメント】 フレッシュかつ大人びた優しさもある音楽!胃もたれしない気持ちいい刺激を突き刺してもらえる感じ! 思いやりが滲み出た作品だなと思いました。 リリース、おめでとうございます!!!!!! 【New Release Information】 2024年6月5日 (水) Digital Release 『Hypervoid』(よみ:ハイパーボイド) 【収録曲】 1.Dawn feat. Mashinomi 2.NO ID! feat. Mashinomi ※2023年12月13日リリース デジタルシングル 3. GIMME ( ;~;… もっと読む »

【XinU】SNS横断生配信開催&「Hora Hora」スタジオライブ映像も公開!6月発売の『XinU EP#03』のビジュアル&収録曲、初のアジアツアーも発表!

あなた“U”にクロス“X”するをキーワードに、今Tokyoで鳴っているビートと、自然体でありながらも芯をついた日本語詞で、ボーダレスに音楽の未来を切り開いているミュージックコレクティブXinU(シンユウ)。 XinUセルフプロデュースで、本日5月29日(水)にリリースされたシングル「Hora Hora」(ホラホラ)は、誰かと比べてばかりで自分の良さが見えなくなっている人へ、「あなたの良いところを知っているよ」と手紙を書くように歌詞が紡がれた、XinUのこれまでの曲と比べてR&B色の強いアレンジで、新たなアプローチにチャレンジした楽曲。 リリースを記念して20時より、XinUオフィシャルSNSにて、横断生配信を開催する。YouTubeチャンネルでは、リリースされたばかりの「Hora Hora」を弾き語りで披露予定。さらにYouTubeライブの後には、インスタライブ、TikTokライブと横断していく。YouTubeライブ配信中にインスタライブ、インスタライブ中にTikTokライブのスタート時間が発表されるので、ぜひリアルタイムで参加しよう。 そして生配信後は、「Hora Hora」のスタジオライブ映像が20時30分より、XinU オフィシャルYouTubeチャンネルにてプレミア公開となる。リラックスした雰囲気のなかで撮影されたスタジオライブ映像で構成され、合間にはレコーディングに真剣なまなざしで向き合うXinUの様子もうかがえる。デジタルリリースされた音源と、スタジオライブの音源を聴き比べ、それぞれの魅力もぜひ感じてみて欲しい。 ■新曲「Hora Horaリリース記念 SNS横断生配信 (5月29日(水)20時スタート) XinU インスタライブはこちらから (YouTubeライブ配信中にスタート時間発表) XinU TikTokライブはこちらから (インスタライブ配信中にスタート時間発表) ■XinUオフィシャルYouTubeチャンネル: 「Hora Hora」 Studio Live(5月29日(水)20時30分プレミア公開) そして、6月26日(水)にリリースされる3rd EP『XinU EP#03』(シンユウイーピーシャープスリー)のビジュアルと収録曲も公開された。先行シングルとなる「愛おしいままで」「Hora Hora」の他、海外サウスロンドンシーンで活躍するアーティストedbl(エドブラック)と再びタッグを組んで制作された「いつか消えても」「余裕綽々」、デビュー時からXinUを支えているM-Swiftこと松下昇平プロデュースによる「触れる唇」などを収録。前作EPに続き、国内外のアーティスト、プロデューサーとの積極的なコラボレーションにより完成した1枚となっている。 EPリリースにあわせて7月12日(金)東京 渋谷WWW Xで開催されるワンマンライブは、アジアを含むツアーへ展開されることも発表された。東京に加え、初の海外公演となる台北、ソウル、そして福岡の4都市を回るツアーとなる。国内のみならず海外からの支持を集め、インスタフォロワーは10万人を超えているXinU。アジアにファンを拡大しつつあるXinUの第一歩となるツアーにもぜひ注目してほしい。 【NEW RELEASE INFORMATION】 ■12thシングル 「Hora Hora」(よみ:ホラホラ) 2024年5月29日(水)デジタルリリース レーベル:Co.lity Music ディストリビューション:VMG 再生・購入 ■3rd EP 『XinU EP #03』(シンユウイーピーシャープスリー) 2024年6月26日(水)デジタル&CDリリース CD:POCS-23044/ 価格:3,000円(税込) 2,727円(税抜) 紙ジャケ仕様 【収録曲】 1.いつか消えても 2.触れる唇 3.愛おしいままで(2024年3月13日(水)先行配信)… もっと読む »

【Clairo】約3年振りとなる新作『Charm』の7月12日発売が決定し、シングル「Sexy To Someone」もリリース!

2018年当時、Lo-Fiベッドルーム・ポップを代表するアーティストとして最も注目すべき新人アーティストとして名が挙がり、今では現代の米インディー・ポップ界を代表するアメリカ生まれのシンガー・ソングライター/マルチプレイヤー/プロデューサー、クレイロ(Clairo)。2019年に発表されたデビュー作『Immunity』には元Vampire WeekendのRostamが共同プロデューサーとして参加、2021年リリースの2nd『Sling』では、Jack Antonoffと共同プロデュースしたことが話題を呼んだ。そしてこの度、前作より約3年振りとなる3rdアルバム『Charm』を7月12日にリリースすることが決定した。 ニュー・アルバム『Charm』は、クレイロと、これまでノラ・ジョーンズ等の作品を手掛けたLeon Michelsが共同プロデュースしており、70年代のジャズ、サイケデリック・フォークとソウルのグルーヴにインスパイアされた、温かみのある作品となっている。NYのクイーンズにあるDiamond Mine RecordingとAllaire Studiosにて、ライヴ演奏からテープへトラックダウンされ、ファンクレジェンドのシャロン・ジョーンズやザ・ブラックキーズ等と仕事をしたことがあるプロデューサーのLeon Michelsが厳密なアナログ・レコーディング手法にこだわった形で作業が進められ、完成した。 Harry NilssonやBlossom Dearieなどの、壮大で洗練された音楽に魅了されたクレイロは、20世紀のレコーディング技術を活かし、なるべくデジタル時代の陳腐化した音にならないように注意を払いながら取り組んだ。初めて生の楽器のサウンドを2021年に発表した『Sling』に収録した中、今作でも再度その手法を取り込みながらも、ホルン、木管楽器、そしてヴィンテージ・シンセサイザーが更に主張しており、同時に、リズミカルな楽曲であることがデビュー作『Immunity』を思い出させる内容となっている。 今作『Charm』は、クレイロにとって初の日本盤CDにてリリースされるアルバムでもある。 Video 「Sexy To Someone」 <リリース情報> シングル「Sexy To Someone」 2024年5月24日発売 試聴/購入 アルバム『Charm』 2024年7月12日発売予定 国内盤内容:SHM-CD仕様/歌詞対訳付予定 品番:UICB-1026/税込価格 : 2,860円 <トラックリスト> 1. Nomad 2. Sexy to Someone 3. Second Nature 4. Slow Dance 5. Thank You 6. Terrapin 7. Juna 8. Add Up My Love 9…. もっと読む »