Tag: バンド

【The Novembers】12月6日(水)にバンド名を冠した3年半ぶりの9thフルアルバムをリリース!アルバム詳細、ビジュアル公開!

オルタナティブロックバンドThe Novembers(ザノーベンバーズ)の約3年半ぶりのアルバム『The Novembers』が12月6日(水)にリリースされることが決定した。2007年にリリースしたデビューEP以来のバンド名を冠したタイトルで、「今の僕たちが凝縮されたロックアルバムで、The Novembersというバンドそのものを感じて欲しい」というシンプルだが強い思いをもって名付けられている。全10曲収録の作品で、全国流通盤には特典ステッカーが封入される。また、The Novembersの作品のアートワークデザインではおなじみのtobirdによるジャケットデザインも公開された。tobirdはこのアルバムを「まるで雲間から滲むすべての時間の光を纏った、初めて遭遇する生き物のよう」だと形容しており、厚く塗り重ねられた様々な色の絵具に潜む眼が印象的で、インパクトのあるデザインに仕上がっている。 このアルバムは12月6日(水)のリリースに先駆けて11月から開催される全国ツアーの会場にて先行販売される。通常のチケットに加え、“アルバム付きチケット”も販売されており、特典として終演後にメンバーから直接アルバムが手渡される。ライブチケットは現在発売中となっているので、いち早アルバムを手に入れるチャンスをお見逃しなく。 Vo./Gt.小林祐介コメント 新しいアルバムを出します。タイトルは「The Novembers」 これは今の僕たちが凝縮されたロックアルバムです。やっぱりロックバンドってかっこいい。そんなアルバムです。こういうのが作りたかった。 2007年のデビューEP以来のセルフタイトル。理由はシンプルで、今のThe Novembersというバンドそのものを感じて欲しかったからです。 同じように、初めて曲を体験してもらうなら目の前でバンドそのものを感じて欲しいと思い正式なアルバムリリースはツアー後に。ツアーでは先行販売をすることにしました。時代と逆行していますが、そうしたかった。混沌とし、目まぐるしく過ぎ去っていく世界の中でリリースされる僕らの久しぶりのアルバム。大切に、じっくりと届けていきたいです。 アルバムとツアー、きっと素敵な感情やエネルギーをあなたに手渡せると思います。一緒に新しくなりましょう。 それでは、いい未来で会いましょう。 小林祐介 アートワークデザイン tobirdコメント この作品のデモ音源を聴いた時、なぜ2度目のセルフタイトルにしたのか、自然と腑に落ちた気がした。 それほどに、前作からの沈黙の間に秘められていた、彼らのとめどなく躍動する感性の波が溢れ出していた。 過去も、現在も、未来も、朝日も、夕暮れも、宵闇も、 まるで雲間から滲むすべての時間の光を纏った、初めて遭遇する生き物のよう。 はじめまして、 新たなThe Novembers。 tobird 【NEW RELEASE INFORMATION】 ■9th ALBUM『The Novembers』 2023年12月6日(水)デジタル&CDリリース CD:POCS-23040 / 価格:3,300円(税込) 3,000円(税抜) 【収録曲】 1.BOY 2.Seaside 3.誰も知らない 4.かたちあるもの、ぼくらをたばねて 5.November 6.GAME 7.James Dean 8.Cashmere 9.Morning Sun 10.抱き合うように Label:MERZ Distributed by Virgin Music… もっと読む »

【PARCELS】最新ライヴ・アルバム 『LIVE VOL. 2』 を10月20日にリリース決定!待望の来日公演も発表!

オーストラリアのバイロンベイ出身、ベルリン在住の5人組Parcelsが最新ライヴ・アルバムとなる『Live Vol.2』を10月20日にリリースする事を発表した。前作のライヴ・アルバム『Live Vol.1』から実に3年ぶりの作品となった。こちらはBecause Music/Virgin Music LASを通じてリリースする。 Parcelsは、2014年に結成された5人組ポップ・ファンクバンドだ。70~80年代から影響を強く受けており、ファンクディスコと現代的なエレクトロ・ミュージックが相まった独特のサウンドに注目が集まっている。2017年にリリースしたシングル「Over Night」は、ダフト・パンクが初めて他のアーティストをプロデュースしたことで大きな話題となった。2017年、で初来日。2018年10月、セルフ・タイトルのデビュー・アルバム『Parcels』をリリース。女優ミラ・ジョヴォヴィッチを起用したミュージック・ビデオ「Withorwithout」でも話題となった。2019年1月には渋谷WWWにて単独来日公演を果たし、発売開始からチケットが即ソールドアウトしてしまうなど日本でも非常に高い人気を誇っている。 そんなParcelsが今回リリースする『Live Vol. 2』は、昨年パリで行われたバンドによる秘密のライブギグで録音された12のトラックが収録されている。このアルバムには5つの全く新しい未発表の曲も含まれており、2020年にリリースされたParcelsの前のライヴ・アルバム『Live Vol. 1』に続くもの。バンドの卓越した演奏技巧とワンテイクのパフォーマンスが収録されており、ファンからも強く愛されているシリーズだ。 『Live Vol. 2』からの「Reflex – from Le Palace, Paris」はすでにリリースされ、アルバムからの最初のシングルとなっている。 メンバーのJules Crommelinは次のように述べている。 「僕らは曲を急激に変えるのが好きなようだ。それらを逆さまにし、裏返しにし、”Reflex”ではそれがバラードを速い幸福なトランス・ダンス・トラックに変えることになった。その夜を演奏するのは楽しかったよ、その感覚を覚えている…夜にエネルギーが高まっていく感覚だね。」 また、バンドのPatrick Hetheringtonは今作について、「僕らがこのレコードを制作するには多くの要因が影響したんだ。恐らく僕らはついにベルリンでの年月を音楽的に反映させることができたと思う。暗いナイトクラブでの瞬間、高揚感に包まれた瞬間。私たちは人々を僕らのクラブに連れて行きたかったんだ。正しい環境と正しいコードとリズムの正しい繰り返しから生まれる、緊張感のある、顔の見えない、喜びに満ちた世界に。超越すること、人々が考えるのをやめて感じ、動き、深く逃れる瞬間だよ。」と語っている。 そしてバンドはライヴ・アルバムのと共に、ファン待望の来日公演となる2024年3月5日に渋谷 CLUB QUATTROでの公演を発表した。10月4日12:00からオフィシャル先行予約がスタート。11月4日にチケット一般発売を予定している。 <PARCELS JAPAN TOUR 2024 来日公演情報> 東京 2024年3月5日(火) 渋谷CLUB QUATTRO OPEN 18:00 START 19:00 券種 スタンディング ¥6,800 (税込)ドリンク別 発売プレイガイド:e+ ・チケットぴあ (P:253-991) ・ローソン (L:74271) 問い合わせ:https://smash-jpn.com/ <リリース情報> ライヴ・アルバム『Live Vol. 2』 2023年10月20日(金)… もっと読む »

【Set Free】デジタルEP『Wrestlers』をリリース!リード曲「レスラー」Music Videoを本日(9/30)公開。

京都発のギターポップバンド・Set Freeの3曲入りデジタルEP『Wrestlers』が9月28日(水)配信リリースとなった。既に先行配信されているリード曲「レスラー」、悪魔の囁き声からストーリーが幕をあける「サタン」、そして、爽やかで前向きな気持ちにさせてくれる「どうでもいい旅に出よう」の全3曲が収録されている。 そして本日20時にEPのリード曲である「レスラー」のMusic VideoがバンドのオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開となった。 「レスラー」のマスクや歌詞と重なるポップアイコンが次々と登場していくリリック仕立てとなっており、想像力が掻き立てられるような内容になっているので、ぜひ楽しんで頂きたい。 【Set Free – 『レスラー』 Music Video】 今回のMusic Videoはクリエイティブレーベルの “yoru” が手がけている。 尚、本作品は山崎まさよし、スキマスイッチ、秦 基博等、多数の実力派アーティストが所属する音楽事務所・オフィスオーガスタに立ち上がった新人発掘・開発プロジェクト “Canvas”からのリリースとなっている。 【リリース情報】 Set Free Digital EP『Wrestlers』 2022年9月28日(水) 《収録曲》 1.レスラー (※9/7先行配信) 2.サタン 3.どうでもいい旅に出よう Label:Canvas Distributed by Virgin Music Label and Artist Services ストリーミング / ダウンロード またSet Free はEP『Wrestlers』リリースを記念して、彼らのホームであるライブハウス・心斎橋Pangeaと共同企画LIVEを開催することを発表。 チケットはe+にて発売中。 【公演概要】 Set Free × Pangea 共同企画 『完璧な一日 -Wrestlers-』 日程:2022年11月2日(水) 会場:心斎橋Pangea… もっと読む »

【WONK】2年ぶりの新アルバム『artless』をドルビーアトモス仕様で本日リリース。メンバーが語るオーディオライナーノーツもあわせて公開へ。

Photographer : Kohei Watanabe ( UN.inc ) WONKの2年ぶりのアルバム『artless』が本日5月11日(水)リリースされた。 結成9年目にして「原点回帰作」ともいえる本作は、アルバムタイトル「artless」の通り、ありのままで無邪気な心の機微と、等身大な日常の景色を描いた。全6曲で生身の人間の温かさや脆さ、不完全な中にある愛おしさを歌う。アルバム『artless』の最後の1曲として選んだのは「Umbrella」。傘を基軸に視点や地点を変えながら情景が描かれていく。リリックを担当する長塚健斗の「自分の立場に近い人にも、遠い人にも、差し伸べる優しさを持っていたい」という願いにも似た強い想いが込められた1曲。目を覆いたくなるようなニュースが飛び交う時代に、込み上げる想いを、アートレスな形で音に乗せている。ドラムとピアノのシンプルな重なりから始まるイントロに始まり、リリックの言葉一つひとつを情感を込めて長塚が歌い上げる。WONKとして、初めて”ほぼ日本語詞”となったこの曲は、今、目の前にいる人に届けるための彼ららしい試みとなっている。 本日配信の『artless』は、全曲で頭上を含む3次元空間に音を鳴らし、深み溢れるサウンド体験を可能にする音響技術「ドルビーアトモス」を採用した。元々ゲームのサウンドデザイン(VRや3D系)をしていたベースの井上幹がミキシングを担当。先日公開されたYouTubeでの配信「WONK RADIO – わかりやすいドルビーアトモス回」の解説も話題となった。 井上は「今作では、素朴さがテーマなので Dolby Atmosのような派手な響きは一見相反するように思う方もいるかもしれません。作ってみた結果としては音数は少ないけれど、聴いている方を包み込む感じや、位置情報の変化で情報量を増やし楽しめる作品になったと思います。」とコメント。 Apple Music、Amazon Music Unlimitedユーザーは、AirPods Proなどドルビーアトモスのシステム環境下でぜひ体験して欲しい。 ※ドルビーアトモスは、Apple Music、Amazon Music Unlimitedのサブスクリプションの登録者は追加費用なしで、対応している曲をドルビーアトモスによる空間オーディオで聴くことが可能。AirPods ProまたはAirPodsMax、最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカー、Apple TV 4K、Androidデバイスでも楽しむことができる。 WONKオフィシャルYouTubeで語る、「わかりやすいDolby Atmos」 さらには、メンバーによる楽曲解説として、オーディオライナーノーツも公開予定。詳細は公式SNSからチェックしてほしい。フジロック出演など話題を事欠かないWONKは、6月17日(金)の札幌公演を皮切りに全国8都市の全国ツアーも2年ぶりに開催する。LIVEごとに楽曲の質感をさらに変化させていく彼らのスタイルに今後も目が離せない。 【INFORMATION】 日本テレビ「バズリズム02」に出演決定! 2022年5月13日(金)24:59 O.A https://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/ 【RELEASE INFORMATION】 new album 『artless』 2022年5月11日(水) 発売 再生/ダウンロード/CD購入 M1. Introduction #6 artless M2. Cooking M3. Migratory Bird 4/27(水)先行配信楽曲 M4…. もっと読む »