Tag: CITY POP LOVERS

【さかいゆう】カバーアルバム『CITY POP LOVERS』より「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」の先行リリースが決定!先行オンエアとMVティザー映像公開も!

シンガーソングライター・さかいゆうが11月30日(水)にリリースする初のカバーアルバム『CITY POP LOVERS』より、「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」を10月5日(水)に先行配信する。 アルバム『CITY POP LOVERS』は、タイトルの通り、さかいが影響を受け、愛してきた70〜80年代のシティポップの名曲をカバー。敬愛する山下達郎の名曲「SPARKLE」、近年のシティポップ人気の筆頭でもある竹内まりや「プラスティック・ラブ」、松原みき「真夜中のドア〜stay with me」などを、気鋭のアーティストが集うマルチクリエイター集団・origami PRODUCTIONSのメンバーたちとコラボレーション。さかいのほか、Ovall、Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴ、Kan Sano、Michael Kaneko、Nenashiが楽曲ごとにプロデュースを担い、演奏もほぼ全てさかいとorigamiメンバーだけで制作。アルバムは、さかいゆう & origami PRODUCTIONS名義でリリースされる。 10月5日(水)に先行配信される「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」は、ムッシュかまやつこと、かまやつひろしが75年にヒットさせた「我が良き友よ」のシングルB面に収録されていた楽曲で、クールなボーカルに、当時来日していたタワー・オブ・パワーのホーンセクションを招きレコーディングされた、洒落たR&B/ファンク楽曲だ。さかいのカバーバージョンでは、プロデューサー/ベーシストのShingo Suzuki、プロデューサー/ドラマーのmabanua、プロデューサー/ギタリストの関口シンゴからなるOvallとコラボレーション。オリジナルのクールさを残しつつ、よりグルーヴ感を増したR&B/ソウルな仕上がりとなっている。 楽曲は、明日9月28日(水)TOKYO FM 「Blue Ocean」(9:00-11:00)で初オンエアが決定した。こちらもぜひリアルタイムでチェックしてほしい。 [番組情報] TOKYO FM 「Blue Ocean」(毎週月曜〜金曜 9:00-11:00 生放送/パーソナリティ 住吉美紀) https://www.tfm.co.jp/bo/ また最速オンエア後には、MVティザー映像が公式YouTubeチャンネルで公開される。Ovallのメンバーが参加したスタジオライブ映像とのことなので、こちらもお楽しみに。 ●「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」/ さかいゆうfeat. Ovall MVティザー映像 9月28日(水)11時プレミア公開 そして本日9月27日(火)から「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」の配信予約、Spotify Pre-save、Apple Music Pre-addもスタート。Pre-save / Pre-addへエントリーを行うと「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」が自分のアカウント(MY MUSICやライブラリ)に追加され、10月5日(水)の配信初日から聴き逃がすことなくストリーミングで楽しむことができるのでぜひチェックしておきたい。 ●「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」Pre-save / Pre-add (〜2022年10月4日(火)23:59まで) Pre-add / Pre-save 配信予約をする 先日9月25日(日)には3年ぶりに有観客で開催された所属事務所・オフィスオーガスタの恒例イベント「Augusta Camp 2022 〜Office… もっと読む »

【さかいゆう】origami PRODUCTIONSのアーティストたちとのコラボによる珠玉のシティポップカバーアルバムのリリースが決定!10/15(土)にはワンマンライブ開催決定!

シンガーソングライター・さかいゆうが気鋭のアーティストが集うマルチクリエイター集団・origami PRODUCTIONSのメンバーたちとコラボレーションし、今、世界的に脚光を浴びるシティポップの名曲を集めた珠玉のカバーアルバムをリリースする。 さかいゆう初のカバーアルバムとなる本作『CITY POP LOVERS』は、敬愛する山下達郎の名曲「SPARKLE」、近年のシティポップ人気の筆頭でもある竹内まりや「プラスティック・ラブ」、松原みき「真夜中のドア〜stay with me」など、タイトルの通りさかい自身が影響を受け、愛してきた70〜80年代のシティポップの名曲をセレクト。さかいのほか、Ovall、Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴ、Kan Sano、Michael Kaneko、Nenashiが楽曲ごとにプロデュースを担い、演奏もほぼ全てさかいとorigamiメンバーだけというがっぷり四つのスタイルで制作。さかいゆう & origami PRODUCTIONS名義でのリリースとなる。 <さかいゆう コメント> アルバムのタイトルにCITY POPと入れる事には、しばらく躊躇していました。もしかしたら楽曲制作者の中には、当時からCITY POPと言われる事をよく思わなかった方がいらっしゃるかもしれないですし。 しかし、レコーディングが進んで行くにつれて、やはりCITY POPという言葉には、ただのジャンル名を超えた、望むと望まざるに関わらず、ある種の役割を担って出現し、その時代に必要とされた音楽だと思うようになり、タイトルに入れることを決めました。 聴く側に労力を要するような強いメッセージや感情は、その洒落た衣装(サウンド)の裏地に隠したような、頑張れよって言わずに見事に頑張らせてくれるような、洋楽とも邦楽とも違う、まさに和魂洋才の、日本人にしか創れない洋楽、それがCITY POPであると感じます。 誰でもいつでもサラッと聴けてその人の生活に0秒で溶け込み、ボリュームを下げるとBGMになってくれて、ボリュームを目一杯上げると束の間の小旅行に連れてってくれる音楽、CITY POP。 僕にとってカバーアルバムを出すというのはオリジナルアルバムよりも遥かにプレッシャーがありました。聴いていただく全ての方々にとってのCITY POPになってくれる事は不可能ですが、自分ができる事は細部まで手を抜かず、今までの全てを、真心を込めて創りました。 僕が絶大なる信頼をしているorigami PRODUCTIONSと創った本気のカバーアルバム、僕たちのCITY POPです。 あまたのCITY POP LOVERSの一人 さかいゆうより ジャケットのイラストは、2022年7月にBAG -Brillia Art Gallery- で開催された『ART in MUSIC シティポップ・グラフィックス』でも話題になった漫画家 / イラストレーター・つのがいによる描き下ろし。シティポップをリアルタイムでは体験していない平成生まれのクリエイターが、現代の感覚でその世界を瑞々しく表現している。 当時のオリジナルを知る世代も、近年のブームで初めてシティポップに出会った世代も、洗練されたサウンドとさかいの歌声で生まれ変わった名曲たちを存分に楽しめるこの一枚。リリースが待ち遠しい。 初回生産限定盤には2022年8月6日にさかいの故郷であり、現在活動拠点のひとつとしている高知県・土佐清水市で開催したライブ「酔鯨酒造 presents さかいゆう sings Whale Song」(土佐清水市立市民文化会館 くろしおホール)の模様を収めたDVDが付属(約60分収録予定)。『Whale Song EP』(2022年6月リリース)収録曲をはじめとする高知にまつわるセットリストで届けられた一夜限りの貴重なライブを堪能できる。 さらに、さかいが所属する音楽事務所・オフィスオーガスタの30周年を記念して2021年11月から開催されているシリーズライブ「Office Augusta… もっと読む »