VAN MORRISON (ヴァン・モリソン)

Release


ニュー・アルバム 『Moving On Skiffle』
2023年3月10日発売予定


<収録予定曲>
1. Freight Train
2. Careless Love
3. Sail Away Ladies
4. Streamline Train
5. Take This Hammer
6. No Other Baby
7. Gypsy Davy
8. This Loving Light of Mine
9. In The Evening When the Sun Goes Down
10. Yonder Comes A Sucker
11. Travellin’ Blues
12. Gov Don’t Allow
13. Come On In
14. Streamlined Cannonball
15. Greenback Dollar
16. Oh Lonesome Me
17. I Wish Was An Apple On A Tree
18. I’m So Lonesome I Could Cry
19. I’m Movin’ On
20. Cold Cold Heart
21. Worried Man Blues
22. Cotton Fields
23. Green Rocky Road



アルバム『What’s It Gonna Take?』
2022年5月20日リリース
日本盤価格:2,860円 (税込)/品番 UICB-1013
※SHM-CD仕様 /ライナー付
※アーティストの意向により英詩/歌詞対訳はついておりません。



<収録曲>
1.Dangerous
2.What’s It Gonna Take?
3.Fighting Back Is The New Normal
4.Fodder For The Masses
5.Can’t Go On This Way
6.Sometimes It’s Just Blah Blah Blah
7.Money From America
8.Not Seeking Approval
9.Damage And Recovery
10.Nervous Breakdown
11.Absolutely Positively The Most
12.I Ain’t No Celebrity
13.Stage Name
14.Fear And Self-Loathing In Las Vegas
15.Pretending


Video

Pretending (Visualiser)


Biography

ヴァン・モリソンは、音楽界の真のオリジナルであり、過去70年にわたる遺産を持つ、ユニークでインスピレーションに溢れた人物だ。1945年にベルファストで生まれ、ブルース、カントリー、ゴスペルに影響を受け、1964年にR&BバンドThemを結成して大成功した後、ソロ・アーティストとして更なる領域へと歩みを進めた。この時代の最も多作なレコーディング・アーティストであり、最も勤勉なライブ・パフォーマーでもあるヴァン・モリソンは、ストリート・ポエトリー、ジャズ、スウィング、スキッフル、ケルト・ルーツなど、彼が影響を受けた無数の楽曲をこともなげに消化し、20世紀で最も愛された楽曲を含む比類のないカタログを作り上げ、また、ステージでもスタジオでも、若いアーティストが恥ずかしくなるような仕事ぶりを維持している。2023年3月リリース予定のアルバム『Moving On Skiffle』は、ヴァン・モリソンにとって43枚目のスタジオ・アルバムであった『What’s It Gonna Take? 』に続く新作である。


Link

--------------------- ---------------------