Tag: 洋楽

【Leah Kate】大ヒット・シングル「10 Things I Hate About You~あなたが嫌いな10の理由~」に続く新曲とMVを公開!

ラジオ局で働く父と、オペラ歌手の祖父、2人の叔母はシンガー・ソングライターという、音楽に囲まれる家庭で育った、アメリカはロサンゼルス出身のシンガー・ソングライター、Leah Kate(リア・ケイト)。グリーン・デイ、アヴリル・ラヴィーン、ノー・ダウト等を聴いて育つが、プロのミュージシャンになる道は険しかった。音楽業界に連絡を取り続け、やっとのことで2020年、地道にTikTokに投稿していた楽曲「Fuck Up the Friendship」が米ソーシャルニュースサイトのReddit創設者の一人であるAlexis Ohanianによって発掘された。その後、過去の苦い恋愛関係の実体験を歌詞にした「10 Things I Hate About You~あなたが嫌いな10の理由~」をTikTokにテイザーを投稿すると、共感した人々より爆発的な反応があり、公式リリースから1週間半で一気にストリーミング再生回数が2,000万を越え、現在ストリーミング再生回数は9,500万回を越えている。バイラルヒットしたこの曲はTikTokでは58万以上のクリエイティブが世界中で投稿され、全米ビルボードグローバル200 のチャートや、Spotifyのロック・チャートのTop5にも入る程のヒットになった。 その最中、リア・ケイトは早くも続くニュー・シングル「Twinkle Twinkle Little Bitch ~きらきらビ☆チ~」をミュージック・ビデオの公開と共に解禁。誰もが幼い頃に聞いたことがある「きらきら星」のメロディーに合わせて、苦い恋愛関係を歌うこの曲のミュージック・ビデオの監督は、マディソン・ビアーの作品も過去に手掛けているAerin Moreno。子供部屋で展開されるミュージック・ビデオでは、途中でリア・ケイトが絵本をぬいぐるみに読むシーンで、リア本人が実際に受けた「モーツァルトがこれを聴いたら、もどしてしまうだろうな!」「今度は童謡までもが失恋ソングに?」「どうか公式リリースしないで!」「こんなの聞きたくなかった!」「こんな曲が気に入ってもらえると思ってるの?」などのマイナスなコメントをあえて公表している。リア・ケイトは「これまでずっと人々の意見を気にし続けて来たけど、今ではもう気にしない。だって今夢(アーティストとして成功するという)が叶ったんだもの」とコメントしている。 <シングル「Twinkle Twinkle Little Bitch ~きらきらビ☆チ~」リリック・ビデオ> <シングルリリース情報> 「Twinkle Twinkle Little Bitch ~きらきらビ☆チ~」 2022年6月24日配信(デジタル限定配信) 再生・購入 <アーティスト日本公式ページ> https://www.virginmusic.jp/leah-kate/

【Soccer Mommy】6/24発売のALから新曲「newdemo」を公開!

Soccer Mommy(サッカー・マミー) 米シンガーソングライター、Soccer Mommyが6月24日にリリースするニュー・アルバム『Sometimes, Forever』からの新曲「newdemo」をリリースした。繊細に重ねられたハーモニーと神秘的なシンセサイザーが美しく響いている作品に仕上がっている。 Soccer MommyことSophie Allisonは同曲について以下のようにコメントしている。 「マジックを感じさせない超鬱なものは作りたくなかったの。この曲が広大に感じられるように音の空間を工夫した。『newdemo』はスタジオでのレコーディング中に凄く変化したの。この曲は、このアルバムの中で一番気に入っている曲の一つよ!」 「悲しみも幸せも永遠ではない」というアルバム・コンセプトを掲げており、同作はレトロなサウンド、個人的な動揺、現代社会から影響を受ける障害など、様々なアイディアを統合し、独創性の高い作品となっている。 アルバム・タイトルの『Sometimes, Forever』は、良い感情も悪い感情も循環しているという考え方にちなんでおり、Soccer MommyことSophie Allisonは「悲しみや虚しさは過ぎ去りますが、喜びと同じように必ず戻ってくるのです」と語っている。 ニューウェーブやゴスといったシンセ系のサブジャンルを巧みに取り入れた今作で、Sophieは彼女のビジョンを実現するために、プロデューサーのDaniel Lopatinを起用。一見意外のように見えるこの組み合わせは、実際に作品を聴いてみると、2人のアーティストが同じような創造性を持っていることがわかる。2人は、記憶を呼び起こすメロディーを利用して、影響を受けたものを超越した音楽を作ることに関心を持っている。本作でDaniel Lopatinは無数のシンセサイザーと緻密なアレンジを駆使し、Sophieが行った素晴らしいライブ・テイクを卓越したスタジオ技術でミックスし、壮大な作品に仕上げている。 <シングル「newdemo」のヴィジュアライザー> <シングル「Shotgun」ミュージック・ビデオ> <シングル「Unholy Affliction」リリック・ビデオ> <シングル「Bones」ミュージック・ビデオ> ■アルバム情報 アルバム『Sometimes, Forever』 レーベル : Loma Vista Recordings 発売日: 2022年6月24日(金) 再生・購入 <トラックリスト> 1 Bones 2 With U 3 Unholy Affliction 4 Shotgun 5 newdemo 6 Darkness Forever 7 Don’t Ask Me 8 Fire… もっと読む »

【Pale Waves】新ALより00年代ポップパンク・リバイバルな新曲「Reasons To Live」をリリース!

今年10月~11月に東京、横浜、大阪、名古屋の4ヶ所を周る日本ツアーが決定しているPale Wavesが8月12日に世界同時発売される3rdアルバム『Unwanted』から新曲「Reasons To Live」を公開した。 フロントウーマンのヘザーが自分探しをしている時期に書いたという「Reasons To Live」は、Pale Waves史上最もパーソナルな歌詞であり、2000年代のポップパンクの中毒性、90年代のロックバンドを彷彿とさせる怒りが表現されている。同曲についてヘザーは以下のようにコメントしている。 「シングル『Reasons To Live』は、私が本当に疲弊し、幸せになれないと感じていた時のことを歌っている。その後、私に生きる理由を教えてくれた人が現れたの」 <「Reasons To Live」オーディオ・ビデオ> Blink 182やYungblud、Machine Gun Kellyなど、オルタナティブ・ロックの王道とも言えるアーティスト達を手掛けてきたプロデューサー、Zakk Cerviniと共にロサンゼルスでレコーディングした本作はLAにあるMDDNスタジオにてレコーディングされポップパンクの軽快なギターとリズムのドライブ感に、90年代ロックバンドのアティテュードが加わった作品となっている。 10月31日から4ヶ所を周る日本ツアーが決定しているPale Wavesは、「日本は大好きな場所のひとつ。早く日本のファンの前で歌いたい」と来日ツアー決定に対して喜びのコメントをしている。 <1stシングル「Lies」のミュージック・ビデオ> 【アルバム情報】 アーティスト名:Pale Waves (ペール・ウェーヴス) タイトル: Unwanted (アンウォンテッド) 発売日:2022年8月12日(金) レーベル:Dirty Hit 品番 : POCS-23025 価格 : 2,750円 (税込) 再生/購入 <トラックリスト> 1. Lies 2. Unwanted 3. The Hard Way 4. Jealousy 5. Alone 6. Clean… もっと読む »

【Shygirl】Arcaプロデュースの新曲「Come For Me」が公開!

UKのエクスペリメンタル・ポップ・アーティストShygirlが9月30日(金)に発売するデビュー・アルバム『Nymph』からリードトラック「Firefly」に続く新曲「Come For Me」を公開した。本作のプロデュースを手掛けたのは、ベネズエラのプロデューサーでアヴァン・ポップ・アーティストのArca。2020年のArcaのアルバム『KiCk i』収録曲「Watch」にShygirlが参加するなど、Arcaとはかねてより親交がある。楽曲中でShygirlが「呼ばれたら来て/私がリードすれば楽勝」と歌うように、本作ではShygirlの周りを制するパワーを感じることができ、エレクトロニック・ダンスミュージックの様々な側面を表現したダンストラックとなっている。 9月30日(金)に発売される待望のデビュー・アルバムのトラックリストは現在まで非公開となっているが、全12曲が収録される予定だ。同作には、Mura Masa、Arca、Sega Bodega、Karma Kid、Cosha等の親しい友人や以前コラボレーションをしたアーティストが参加しており、Noah Goldstein、Danny L Harle、 BloodPop、Vegyn、Kingdomなどのプロデューサーと共に制作が行われた。アルバムでは実験的なヴォーカルの質感とダンス・メロディーで、Shygirlの内に秘めた自己を表現している。 Shygirlは2020年にEP『ALIAS』を発表して以来、世界中で高い評価を獲得している。同作のリミックスEPには、ArcaをはじめBasement JaxxやLSDXOXO、Boys Noize等が参加し、エレクトロ・ミュージック・ファンを中心に大きな話題となった。また、様々なアーティストとコラボレーションを果たしており、 英ラッパーslowthaiを客演に迎えたシングル「BDE」のリリースや、FKA Twigsの最新作収録の「papi bone」への参加、Mura Masaと共にLady GagaとBLACKPINKの楽曲「Sour Candy」のリミックスを手掛けるなど、活動の幅を広げている。 ヴェールに包まれた待望のデビュー・アルバム『Nymph』のさらなる詳細は、近日公開される予定だ。 <「Come For Me」ヴィジュアライザー> <「Firefly」ミュージック・ビデオ> <リリース情報> New Single 「Come For Me」 発売日:2022年6月7日(火) 再生・購入 New Album 『Nymph』 発売日:2022年9月30日(金) ※トラックリストは近日公開予定 <バイオグラフィー> ロンドンを拠点に活動するアーティスト。英アンダーグランドのシーンで最も重要な集団の1つである新鋭クラブ・レーベル〈NUXXE〉の創設者の1人でもある。2016年発表のデビュー・シングル「Want More」を皮切りに、ダブル・シングル『MSRYNVR』やEP『Cruel Practice』など毎年コンスタントに作品を発表。オーディエンスの心を掴むライブ・パフォーマンスで世界各地でカルト的な人気を博し、2019年には〈NUXXE〉の共同主宰者でもあるcoucou chloeと共に初来日を果たした。2020年には、Arcaの最新アルバム『KiCk i』収録曲「Watch」に参加し、後にコラボ・シングル「unconditional」をBandcampでリリースし収益の全てを寄付した。2020年11月、新EP『ALIAS』をリリース。2021年6月、 英ラッパーslowthaiがフィーチャリング参加した新曲「BDE」をリリース。2022年9月、待望のデビュー・アルバム『Nymph』をリリースする。

【salem ilese】NFTをテーマにした新曲「Crypto Boy」をリリースし、リリック・ビデオも公開!

salem ilese (セイレム・イリース) TikTokがきっかけで、総再生回数2億超えの「Mad at Disney」で知られる、アメリカはカリフォルニア生まれのPOP シンガー・ソングライター、salem ilese(セイレム・イリース)。今年に入って、TOMORROW X TOGETHERとアラン・ウォーカーとの豪華なコラボレーション楽曲「PS5」をリリースし、更にはサマーソニックで初来日を控えている。 そんな中、セイレムは昨今話題の「NFT」というキーワードを駆使した新曲「Crypto Boy」を4月末からTikTokに投稿し、その後、ロシアのフェミニスト・パンク・ロック集団/アクティヴィストであるプッシー・ライオットのナジェージダ・トロコンニコワに、シングルのジャケ写のデザインを依頼。そして、SOUND XYZという音楽のNFTプラットフォームに出展したところ、24時間で86.4 ETH(イーサリアム/NFTの通貨)まで上昇し、アメリカドルに換算すると、169,000ドル(日本円にて約2,100万円)以上の価値になった。その売上全額は、生殖権と人権のために戦う非営利団体のThe Center for Reproductive Rightsへ贈られている。 セイレムは、「私のニュー・シングル「Crypto Boy」は、NFTのマーケットプレイスであるOpenSeaをまるでインスタグラムの様にチェックしては、その信じられない程の額について日々話題にしている世の中に「目を覚まして!」という注意喚起をするための曲なの。私達には、ロー対ウェイド事件の様な、他にも緊急事態として取り組んで議論すべきことがあるはず」とコメントしている。 また、セイレムが「Crypto Boy」のジャケ写のデザインを依頼した、ナジェージダ・トロコンニコワは、Unicorn DAOを立ち上げ、NFT上で450万ドル(日本円にて約5億7,000万円)を男女不平等の社会に対して戦うための寄付金を集めた他、今年の3月にはウクライナを支援するために5日間で700万ドル(日本円にて約8億8,000万円)の寄付金を集めている活動家である。ナジェージダは、今回セイレムからの提案に関して、「すぐに”YES PLEASE(ええ、是非)”と返事したわ。「Crypto Boy」は素晴らしい楽曲で、NFTに注目する人々の視線を、女性、ノンバイナリー、LGBTQ、そしてデジタル・アーティスト達に向ける活動をしている私にとっては、これ以上完璧な楽曲は無いと思っているわ。」と語っている。 <シングル「Crypto Boy」リリック・ビデオ> <リリース情報> シングル「Crypto Boy」 2022年5月31日配信(デジタル限定配信) 再生・購入 <アーティスト日本公式ページ> https://www.virginmusic.jp/salem-ilese/

【Palaye Royale】KORNやエヴァネッセンスとの北米ツアーに先駆けて、最新曲「Broken」のミュージック・ビデオを公開!

伝説にふさわしいワイルドな旅を続けるPalaye Royale (パレイ・ロイヤル)の、抜群のルックスとハードワークを厭わない、アドレナリン全開のロックンロール・サーカスは、真実、誠実さ、変化を通して、シーンに世代を超えた一体感をもたらしている。ラスベガスを拠点に活動するカナダ人のレミントン・リース(ボーカル)、セバスチャン・ダンジグ(ギター)、エマーソン・バレット(ドラム)は、10代でロサンゼルスに上陸し、冷酷なLAロックシーンに揉まれ、一時は車で生活しながらも、2016年にデビュー・アルバム『Boom Boom Boom』リリース以来、数限りないツアーでファンベースを築き上げ、2019年にはマリリン・マンソン、ストーンサワー、そしてロブ・ゾンビのアリーナ公演のオープニングを務めるなど、実力でその座を掴み、2020年にリリースした『Bastards』は、アメリカのグラミー賞に相当するカナダのJuno Awardsにもノミネートされた。 そして、今年2022年の夏にはKORN、エヴァネッセンスとのツアーが決定。いよいよ本格的に世界進出を前に、最新シングル「Broken」を5月20日にリリースし、同時にミュージック・ビデオも公開。バンド・メンバーは、「Broken」のミュージック・ビデオについて「暗闇の中で光を見つけ、より美しいものへと成長することが重要なんだ。「壊れる」ということは、自分自身をより大きなバージョンに作り変えることが出来るということ。プラハの修道院で撮影されたこのミュージック・ビデオは、光と闇の二重性に焦点を当てたものだ」とコメントしている。 ロック復活を予感させる2022年の台風の目となるであろう、シーン注目の噂のバンド、パレイ・ロイヤルから目が離せない!!! <「Broken」 Official Music Video> ■ Release ニュー・シングル「Broken」 2022年5月20日リリース 再生/購入 ■ Link 日本公式ページ:https://www.virginmusic.jp/palaye-royale/

【Soccer Mommy】6月発売のアルバムから新曲「Bones」を公開!

Soccer Mommy(サッカー・マミー) 米シンガーソングライター、Soccer Mommyが6月24日にリリースするニュー・アルバム『Sometimes, Forever』から新たに「Bones」をリリースした。 同作からの先行シングル「Shotgun」と「Unholy Affliction」が既に話題となっているSoccer Mommyだが、アルバムのオープニングを飾る「Bones」は元々、ロマンス・コメディー映画の為に作曲した楽曲とのこと。彼女がとてもこの曲を気に入り映画には提出せず、自身のニュー・アルバムの為に残しておいたそう。「Bones」は90年代を彷彿とさせるダイナミックな展開とバンドの力強さを際立たせるきらびやかなプロダクションが特徴的な、Soccer Mommyの真骨頂とも言える楽曲となっている。 Soccer MommyことSophie Allisonは同曲について以下のようにコメントしている。 「シングル『Bones』は、人間関係の中で自分の嫌な部分と戦っている歌なの。誰かのためにもっと良くなりたいと思いながら、自分自身が自分の邪魔をしているように感じていることを歌っているの」 前作アルバム『color theory』に収録されている「yellow is the color of her eyes」のミュージック・ビデオを手がけたAlex Ross Perry監督(映画『Her Smell』、『Golden Exits』)による「Bones」のミュージック・ビデオも公開された。 <「Bones」ミュージック・ビデオ> 「悲しみも幸せも永遠ではない」というアルバム・コンセプトを掲げており、同作はレトロなサウンド、個人的な動揺、現代社会から影響を受ける障害など、様々なアイディアを統合し、独創性の高い作品となっている。 アルバム・タイトルの『Sometimes, Forever』は、良い感情も悪い感情も循環しているという考え方にちなんでおり、Soccer MommyことSophie Allisonは「悲しみや虚しさは過ぎ去りますが、喜びと同じように必ず戻ってくるのです」と語っている。 ニューウェーブやゴスといったシンセ系のサブジャンルを巧みに取り入れた今作で、Sophieは彼女のビジョンを実現するために、プロデューサーのDaniel Lopatinを起用。一見意外のように見えるこの組み合わせは、実際に作品を聴いてみると、2人のアーティストが同じような創造性を持っていることがわかる。2人は、記憶を呼び起こすメロディーを利用して、影響を受けたものを超越した音楽を作ることに関心を持っている。本作でDaniel Lopatinは無数のシンセサイザーと緻密なアレンジを駆使し、Sophieが行った素晴らしいライブ・テイクを卓越したスタジオ技術でミックスし、壮大な作品に仕上げている。 ■アルバム情報 アルバム『Sometimes, Forever』 発売日: 2022年6月24日(金) 再生・購入 <トラックリスト> 1 Bones 2 With U 3 Unholy Affliction 4 Shotgun 5 newdemo 6 Darkness… もっと読む »

【Shygirl】Arca等参加のデビュー・アルバム『Nymph』を9月30日にリリース!

Hip Hopやテクノを融合させた新しいジャンルを開拓するUKのエクスペリメンタル・ポップ・アーティスト Shygirlが待望のデビュー・アルバム『Nymph』を9月30日(金)にリリースすることを発表した。全12曲を収録した同作には、Mura Masa、Arca、Sega Bodega、Karma Kid、Cosha等の親しい友人や以前コラボレーションをしたアーティストが参加しており、Noah Goldstein、Danny L Harle、 BloodPop、Vegyn、Kingdomなどのプロデューサーと共に制作が行われた。アルバムでは実験的なヴォーカルの質感とダンス・メロディーで、Shygirlの内に秘めた自己反省を表現している。アルバムの発表と同時に、グリッチが特徴的なクラブ向けのリード・シングル「Firefly」が公開された。同作のミュージック・ビデオは5月12日にShygirlのYouTubeチャンネルにてプレミア公開される予定だ。 Shygirlは2020年にEP『ALIAS』を発表して以来、世界中で高い評価を獲得している。同作のリミックスEPには、ArcaをはじめBasement JaxxやLSDXOXO、Boys Noize等が参加し、エレクトロ・ミュージック・ファンを中心に大きな話題となった。また、様々なアーティストとコラボレーションを果たしており、英ラッパーslowthaiを客演に迎えたシングル「BDE」のリリースや、FKA Twigsの最新作収録の「papi bone」への参加、Mura Masaと共にLady GagaとBLACKPINKの楽曲「Sour Candy」のリミックスを手掛けるなど、活動の幅を広げている。 Shygirlは音楽業界のみならず、ファッション業界などからも注目を集めており、Burberryの2021-2022年秋冬コレクションへの参加をはじめ、Forbesの

【Pale Waves】3rdアルバムを8月にリリース!新MVも解禁!

UKロックのニュー・アイコンとして熱い視線を集めているマンチェスター出身の4人組ロック・バンド、Pale Wavesが待望のサード・アルバム『Unwanted』を8月12日にリリースする。(日本盤の詳細は後日発表予定)。アルバムから新曲「Lies」のミュージック・ビデオも公開した。 2021年にリリースしたセカンド・アルバム『Who AM I』がUKアルバム・チャート第3位を記録し、世界中をツアーで周り成長した彼女達の”今”が詰め込まれた作品が完成した。Blink 182やYungblud、Machine Gun Kellyなど、オルタナティブ・ロックの王道とも言えるアーティスト達を手掛けてきたプロデューサー、Zakk Cerviniと共にロサンゼルスでレコーディングした本作はLAにあるMDDNスタジオにてレコーディングされポップパンクの軽快なギターとリズムのドライブ感に、90年代ロックバンドのアティテュードが加わった作品となっている。フロント・ウーマンのHeather Baron-garacieは新曲「Lies」について以下のようにコメントしている。 「シングル『Lies』は、私の築き上げた信頼を巨大な鋼球で打ち砕く様に破壊した人の話なの。そのせいで本当に信頼問題が生じたけど、幸運なことにその人はもう私の人生の中にはいないの。一度私を裏切ったら、その人はもう消え去るのよ。」 Pale Wavesは、2018年にデビュー・アルバム『My Mind Makes Noises』をリリースして以来、パーソナルでアーティスティックな作品でオーディエンスを魅了してきた。 ツアーで世界中を旅した経験は、近年の彼らの楽曲に影響を与え、新作『Unwanted』にも色濃く反映されている。現在27歳のHeather Baron-garacieはアルバムに関しては、以下のようにコメントしている。 「このアルバムに関して言えるのは本当に一つだけだと思う。このアルバムは、大胆かつ率直で、これこそがPale Wavesのコミュニティの本質なの。私たちは完璧な型にはまる必要はなく、自分自身であることを謝る必要もないし、誰かのために変わる必要もないの。そうゆう受け入れ方が私たちを繋いでいくと思う」。 アルバム『Unwanted』は、バンドを取り巻くミスフィッツやLGBTQIファンの熱狂的なコミュニティに手を差し伸べ、これまで以上にダークな感情に触れつつ、新鮮で反逆的なトーンを打ち出した作品となっている。 <1stシングル「Lies」のミュージック・ビデオ> 【アルバム情報】 アーティスト名:Pale Waves (ペール・ウェーヴス) タイトル: Unwanted (アンウォンテッド) 発売日:2022年8月12日(金) レーベル:Dirty Hit 再生/購入 ※日本盤の詳細は後日発表 <トラックリスト> 1. Lies 2. Unwanted 3. The Hard Way 4. Jealousy 5. Alone 6. Clean 7. Without You 8. Only Problem 9…. もっと読む »

【Lauv】2ndアルバム『All 4 Nothing』が8月5日発売決定!最新楽曲のミュージック・ビデオも解禁!

Lauv(ラウヴ) これまでBTSやアン・マリー等数々のアーティストとコラボレーションをする他、プロデューサー/ソングライターとしてチャーリーXCXに「Boys」を楽曲提供しているポップ・ミュージック界のビジョナリー・アーティスト、Lauv(ラウヴ)。この度、2020年に発表されたデビュー作『~ハウ・アイム・フィーリング~』に続く待望の2ndアルバム『All 4 Nothing』が8月5日にリリースされることが発表され、同時に1月にリリースされた1stシングル「26」に続くニュー・シングル「All 4 Nothing (I’m So In Love)」のミュージック・ビデオも公開された。 ニュー・シングルのミュージック・ビデオの監督は、これまでアリアナ・グランデの「thank u, next」、アヴリル・ラヴィーンの「Bite Me」、アレッソ&ケイティ・ペリーの「When I’m Gone」などを手掛けた、Hannah Lux Davisであり、初恋のときに、相手に目がくらんでしまったり、気持ちがフワフワとする浮遊感を描いている。ラウヴも、監督のHannahとの撮影に関して「正に、目からうろこの経験でした。自分のアーティストとしての見方の壁を崩してくれ、更にHannahは一緒に仕事をするアーティストの真のアーティスト性を引き出してくれるんです。僕がこの楽曲のミュージック・ビデオの撮影で実現したいと夢見ていたことを、遥かに超えてくれました」と語っている。 更に、ラウヴは新曲「All 4 Nothing (I’m So In Love)」の内容について「自分自身を愛することをまだ学んでいる最中に、誰かを好きになってしまい、自分の不安定さがその恋愛関係を壊してしまうのではないかと不安になってしまう感情を描いています」とコメントしている。 <シングル 「All 4 Nothing (I’m So In Love)」 Official Music Video> <リリース情報> 2nd アルバム『All 4 Nothing』 2022年8月5日リリース予定 最新シングル「All 4 Nothing (I’m So In Love)」 再生/購入 <日本公式アーティストページ> https://www.virginmusic.jp/lauv/